子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセル購入後のトラブル事例と基本情報 » ランドセルの自動ロックは便利?

公開日: |最終更新日時:

ランドセルの自動ロックは便利?

ランドセルと小学生

多くのランドセルメーカーも採用している「自動ロック」。ふた(かぶせ)を閉じるだけで自動でロックがかかる機能でとても便利です。一方で「故障しやすい」「ロックが機能しないことがある」といったデメリットがあります。そんなデメリットを踏まえて、あえて採用していないメーカーもあるのです。ランドセルの自動ロックについて解説していきます。

自動ロック付きランドセルのメリット

ランドセルのふたを閉じるだけで、錠前が自動でクルッと回転してロックされる自動ロック付きランドセル。自動ロックは締め忘れ防止になりますし、操作も簡単です。子どもにとっては「カッコイイ」と憧れの対象にもなります。

その仕組みは

  • かぶせの下部が押し込まれる
  • 錠前が90度回転して自動的にロックがかかる

というもの。

2010年頃から登場しはじめ、現在ではランドセルメーカーの多くが自動ロックを採用しています。ランドセル選びの際に目にする機会も多いでしょう。

自動ロック付きランドセルのデメリット

便利でメリットがあることから、ランドセルメーカーでは主流になっている自動ロックですが、実際に使ってみるとデメリットも。そのため、あえて採用していないランドセルメーカーもあるほどです。

自動ロックのデメリットをみてみましょう。

故障のリスクが高まる

自動ロックは仕組みも複雑なため、手動の錠前よりも壊れやすいのがデメリット。とりわけ、教科書や学習用具などでランドセルの重量が重くなっているときには、床にランドセルを勢いよく置いてしまった衝撃で壊れてしまうケースが少なくありません。

錠前は中身の荷物が飛び出したりふたが開いてしまったりして、まわりのお友だちにケガをさせてしまわないためにも、しっかりと閉まる必要があるパーツです。また、ひとたび壊れると交換するためにプロの修理が必要になります。

位置がズレるとロックがかからない

自動ロックは確かにオートロックの仕組みになっていますが、かぶせを閉じたときに金具部分の位置がズレていると、ロックがかからないことがあります。子どもは「ロックは自動でかかるもの」と思ってしまうのでとてもリスキー。

手動であれば毎回自分でロックを閉める習慣がつきますが、自動ロックだと「ロックがかかったつもり」が癖づいてしまいます。いちいちロックを確認することも面倒なため、ついつい開いたままになってしまう場合があるのです。

本当に自動ロックが必要か考えてランドセルを選ぼう

自動ロック付きのランドセルは確かにとても便利ですが、デメリットもあります。「ランドセルメーカーの多くが採用している」とはいえ、メリット・デメリットをしっかり理解したうえで選択したいところ。

また、ランドセルは6年間という長い間にわたって使用するものですから、自動ロック以外のポイントもしっかりと確認して選ぶべきです。当サイト「Ransel」では、このほかにも、納得できるランドセル選びに役立つ情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに