子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセル購入後のトラブル事例と基本情報 » ランドセルの横フックは
安全性を重視すべき
 

ランドセルの横フックは
安全性を重視すべき

ランドセルのフック

ランドセルの側面にあるフック。「給食袋フック」と呼ばれることもあります。些細なパーツのように思われますが、実は子どもの身の危険に関わるとても重要なものです。

このページではランドセルのフックの安全機能や種類について紹介していきます。

横フックによる事故の危険性

ランドセルの側面には給食袋などをつるすためにフック(ナスカン)。「Dカン」と一体型になっているものをはじめ、さまざまなタイプがあります。実はこの側面のフックは、吊り下げた荷物が自動車や電車などに引っかかり、巻き込み事故になってしまうリスクがあるのです。

そのため最近では、一定以上の負荷がかかると、ランドセルから自動的に外れるタイプのフックも登場しています。子どもの安全性を考えると、このタイプのフックを選びたいところです。

外れるフックにも種類がある

ランドセル側面の自動的に外れるフックの中にもいくつかタイプがあります。なかには、外れた際にメーカーに依頼して付け直してもらわなければならないものも。

どんなタイプのフックが便利で安全なのかを見ていきましょう。

自分で元に戻せるタイプ

負荷がかかり安全のために自動的に外れたフックには、自分の手で簡単に戻せるタイプがあります。使い方はカンタンで、側面のDカンにセットするだけです。

自分で元に戻せるタイプは、外れたからといって故障したわけではありません。繰り返し使用できます。給食袋など吊り下げるものがない場合は、あらかじめ外しておくことも可能です。

自分で部品を取り換えて戻すタイプ

外れるフックには、自分で部品を取り替えて、再度Dカンにセットするものもあります。このタイプでは外れたフックを装着することはご家庭でも可能。しかし、フックの部品をメーカーに注文しなければならないため、時間や手間がかかってしまい面倒です。装着方法がやや複雑な製品もあります。購入前に再装着の方法を確認しておくと安心です。

メーカーに修理してもらうタイプ

外れるフックの中で一番手間がかかるのは、家庭では修理ができず、購入したランドセルのメーカーに修理を依頼しなければならないタイプ。安全のために外れてくれるのはありがたいのですが、ふたたびフックを使いたい場合にその都度メーカーに依頼するのはやはり面倒です。

外れるフックの中でも、なるべく自分でカンタンに付け直せるものを選びたいですね。

ランドセル選びではフックにも気を付けよう

ランドセル選びでは見た目も気になりますが、ランドセルを背負う子どもの安全を守るものを選ぶ意識が大切。側面のフックはもちろん、細かいパーツまで、安全性には特に注意して選びたいところです。

当サイト「Ransel」では、6年間ずっと使い続けられるランドセル選びに役立つさまざまな情報をまとめています。ぜひラン活の参考にしてみてください。

故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに