「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » ランドセルの口コミ評判を集めました » 天使のはね(セイバン)

天使のはね(セイバン)

天使のはねでランドセルを購入した人の口コミを集めました。女の子向け・男の子向けのランドセル製品情報もまとめているので、チェックしてみてください。

天使のはね(セイバン)の口コミ評判

軽くて丈夫!後悔しないランドセル選びができました

ネットでランドセルを探していたのですが、初めてのラン活で分からないことばかり。そこで子どもを連れて、実物を見に行くことにしました。

天使のはねのランドセルを手に取って、軽くて丈夫そうだと実感。息子もデザインが気に入ったようで、予定より早く決定しました!

使ってみると、傷がつきにくくて大満足。教科書でいっぱいのランドセルを見ると、少しでも軽いものを選んで良かったと思います。

素人目にも丈夫に作られているランドセルだと思います

友だちや先輩ママから「天使のはねは軽くて丈夫だよ」とおすすめされて、気になっていました。

展示会に行って実際に持ってみると、確かに軽い。息子にほかのメーカーのランドセルも背負わせてみましたが、やはり天使のはねが一番軽かったそうです。

素人目にも作りがしっかりしているのが分かり、「これなら6年間使い続けられるだろう」と思って、天使のはねに決めました。

娘のお気に入りを購入!でも出費が少し痛かったです…

子どもが薄いピンクのランドセルを気に入って、「どうしてもこれがいい!」というので購入しました。私としてはもう少し安くて、濃いピンクのランドセルが良かったのですが…。

娘はお気に入りのランドセルを買ってもらえて大満足しているようです。でも、7万円の出費は痛い…。もう少し安いランドセルを探したほうが良かったかな、と思っています。

【女の子編】天使のはね(セイバン)のランドセル

ハートいっぱいのキュートなデザイン、クラシカルなシンプルテイスト、カジュアルでおしゃれなランドセルなど、6シリーズ16モデルを展開。

幅広いラインナップから、きっとお気に入りのランドセルが見つかるはずです。

女の子向け人気ランドセルを
詳しく見る

【男の子編】天使のはね(セイバン)のランドセル

天使のはねオリジナルシリーズ5種類のほか、人気ブランド「プーマ」「コンバース」とコラボしたランドセルもラインナップ。

シンプルなスタンダードモデルから、スポーティーなデザイン、アメリカンテイストまでさまざまです。

男の子向け人気ランドセルを
詳しく見る

女の子・男の子共通デザインのランドセル

天使のはね|HOMARE アンティークコードバン(公式オンラインストア・直営店限定)

ホマレ_アンティークコートバン
引用元HP:セイバン
https://www.seiban.co.jp/girl/homare/antique/
全3色
価格 9万1,800円
主素材 牛革
重量 1,520g
サイズ 高さ31cm×幅23.5cm×マチ幅11.5cm
特徴 カブセには牛革の2〜3倍の強度を持つ高級革コードバンを使用したワンランク上のモデル。革の風合いに合わせ、金具はアンティークゴールドを使用。
※ご好評により完売しました

天使のはね|HOMARE プレミアムレザー(公式オンラインストア・直営店限定)

ホマレ_プレミアムレザー
引用元HP:セイバン
https://www.seiban.co.jp/boy/homare/premium/
全3色
価格 8万1,800円
主素材 牛革
重量 1,490g
サイズ 高さ31cm×幅23.5cm×マチ幅11.5cm
特徴 本革にも関わらず軽さを実現。革の風合いにより高級感と品の良さを感じます。牛革の表面をコーティングしているため、耐久性も申し分なし。
※ご好評により完売しました

天使のはね(セイバン)の基本情報

製造元 株式会社セイバン
創業年 大正8年(1919年)
本社所在地 兵庫県たつの市揖保川町山津屋140-14
ラインナップ モデルロイヤル、モデルロイヤル・レジオ、ラブピ、天使のはねクラシック、コンバース、ホマレ、ワンパ、プーマ

株式会社セイバンの歴史

株式会社セイバンは、1919年に兵庫県にて創業。当時は播磨産の皮革を使い、財布やカバン、キセル入れを製造・販売していました。

ランドセルの製造・販売に着手したのは1946年。当時から徹底した国内生産にこだわってきました。

その後「天使のはね」を2003年に発売して大きな話題を呼ぶことに。年々激化するランドセル商戦の中でも、「使いやすい」「丈夫」と言ったコメントを集め、人気ブランドとしての地位を確立しています。

「天使のはね」とは?

小学校に入学する頃の子どもは本当に小柄ですよね。そんな子どもたちが、勉強道具を詰め込んだランドセルの重さに耐えられるのか…。ランドセルを購入するご両親はこの点がとても心配になるようです。

教科書の重さは変えられない、むしろ今後は「脱ゆとり教育」という観点から教科書がどんどん厚くなっていくことも囁かれていますから、「背負いやすい、軽く感じるランドセル」が必要になってきます。

そんな子どもを思う両親の想いに応えてくれるのが「天使のはね」なのです。

「天使のはね」の正体

天使のはねの正体は、ランドセルの両肩に付けられたベルトの付け根に入っている、羽の形をした白い樹脂。

この「天使のはね」を内蔵することで、肩のベルトをぐっと持ち上げて小さな肩にもきちんとフィットし、体にかかる負担を分散させてくれます。

「天使のはね」の仕組み

「天使のはね」は、ランドセルの重心を上げるという点に注目して開発されたもの。普通に背負うと、肩とランドセルの背中部分に隙間ができて重心が下がり、ランドセルが重く感じます。

そこで、肩ベルトの付け根に「天使のはね」を内蔵することでランドセルの重心をあげつつ体にフィットさせることで、ランドセルの重さを肩と背中、胸などに分散させることができるのです。

「天使のはね」はどうして誕生したの?

天使のはねのデビューは2003年。構想から約3年、何十回もの試作を繰り返してようやく誕生しました。

誕生したのは「ランドセルの重心が上がれば、ランドセルそのものが軽く感じられるようになって負担が減る、だから肩ベルトを立たせてみよう」という発想から。この天使のはねの誕生は、ランドセルの機能を大きく変えたと言えるでしょう。

セイバンのこだわり

セイバンは多くの人から支持されるブランド。それは徹底したこだわりにより高品質なランドセルを生み出し続けているからと言えます。

徹底した日本国内生産と技術の伝承

セイバンは「MADE IN JAPAN」。ランドセルの製造を始めてからこれまで、日本国内での生産にこだわっています。

セイバンが子どもたちに届けたい「背負いやすく、からだに負担がかかりにくいランドセル」作り続けるために必要なのは、「細部までこだわる根気」と「ものづくりの技」を持つ日本人職人。だからこそ徹底した国内生産を行ってきたのです。

セイバンの工場には、50年間ランドセルを作り続けるベテランから新人まで幅広い年代の職人がいます。この中で技術を伝承しながら新しいものを生み出す。こうしてセイバンの技術は語り継がれています。

デザインへのこだわり

子どもたちの好みは人それぞれ。「お気に入りのランドセル」という気持ちで使ってもらえるよう、セイバンでは豊富なデザインを用意しています。

シンプルなデザイン

例えば「天使のはね クラシック」は究極のシンプルさを追求。単色カラーのスマート見た目が特徴で、刺繍や飾り鋲などでの装飾はありません。シンプルだからこそ飽きが来ず、誰からも長く愛されるデザインです。

ベーシックなデザイン

「モデルロイヤル クリスタル」や「モデルロイヤル ベーシック」など、シンプルな中に個性が光るセイバンの定番。派手すぎない刺繍により、シンプルな中にもキュートさやかっこよさを感じさせてくれるモデル。

上質なデザイン

落ち着いたデザインが好きな子どもには、オーソドックスで洗練されたデザインを。シックで上品な印象を与える「モデルロイヤル・レジオ ベーシック」やシンプルさを追求した「天使のはね クラシック」、本革を使用した「HOMARE」など、気品が漂うラインナップを用意。

カジュアルなデザイン

個性的なランドセルが好みなら、カジュアルデザインのモデルがおすすめ。例えばスニーカーで有名なブランド・コンバースの星マークをデザインした「コンバース デコキッズ」や、全体を単色カラーでデザインした「コンバース モノクローム」などはおしゃれなキッズにぴったり。

ラブリーなデザイン

可愛らしいものが好みの女の子には「ラブピ」シリーズ。ころんとしたフォルムや全体にあしらわれたキュートな刺繍によって女の子らしさを表現。最上級モデル「モデルロイヤル・レジオ プリンセス」はプリンセスをモチーフにした刺繍や飾りがポイント。

男の子らしいクールなデザイン

スポーツ好きの活発な男の子には、クールな中にも躍動感溢れるデザインを。ヒーローのような強さをイメージした「ワンパ イーグル」やレーサーのスピード感を表現した「ワンパ レーサー」はわんぱくな少年にぴったり。スポーツ少年にはスポーツブランド「プーマ」のロゴを大胆にあしらったモデルも。

品質へのこだわり

ランドセルは、単に勉強道具を入れて運ぶものではなく、6年もの長い期間、子どもと一生に過ごす大切な相棒。そのためセイバンでは、品質のこだわりを「子ども想い品質」と呼び、大切にしています。

体への負担を少なくする

小さな体でたくさんの教科書を持ち歩くのは容易ではありません。 そこでセイバンでは、ランドセルの重心を上げ体にフィットさせる「天使のはね」を肩ベルトに内蔵したり、背負い心地を良くする「3D肩ベルト」を採用し、重さを分散して快適に背負えるランドセルを生産しています。

6年間きれいに使い続けられるランドセルであるために

わんぱくな男の子が使っても型崩れしないように内蔵された「タフかるプレート」や変形防止の「スタイルキーパー」をはじめ、型崩れしないための技術が散りばめられたセイバンのランドセルは、非常に丈夫と口コミでも評価を得ています。

安心して使えるランドセル

薄暗い中でも安全に登下校できるよう、セイバンのランドセルにはカブセ・肩ベルト・側面に反射材を取り付け、どこから光が当たっても鮮明に輝くように作られています。また給食袋などを引っ掛けるフックも、強い力で引っ張られると袋が外れるような仕組みが取り入れられています。

6年修理保証

セイバンでは全てのモデルに「6年修理保証」をつけている点も高く評価されています。修理中は代わりのランドセルを貸し出ししているので、修理している間もきちんとランドセルが手元にあるという安心感もあります。※故意など、ケースによっては有償修理となる場合もあります。

「天使のはね」と徹底したこだわりで、支持を得るランドセル

セイバンは2003年の「天使のはね」発売以来、非常に人気のあるブランドです。軽量で小さな子どもが背負っていても楽、そして丈夫であるという口コミが多く、高く評価されていることがわかります。この高品質なランドセルを生み出すのは、セイバンの徹底したこだわりによって生まれるものである、と言えるでしょう。

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る