子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセルメーカーの口コミをまとめました » 澤田屋ランドセル

公開日: |最終更新日時:

澤田屋ランドセル

WEB販売専門の澤田屋は、「安くて高品質」と高い評価を受けているランドセルブランド。「本当に良いものを提供する」をモットーとし、品質の良いランドセルを提供するとともに、6年間の保証(故意の破損など有償になる場合もあります)により楽しい小学校生活をサポート。常にニーズに合ったランドセルを提供することにより、6年間飽きずに使い続けることができるのではないでしょうか。

また、インターネットで購入するのが不安という人のために、ショールームを用意しているほか電話やメール、LINE、Facebookなど様々なツール経由での質問にも対応しています。

澤田屋ランドセルキャプチャ

引用元:澤田屋ランドセル公式HP
https://kawaii-randsel.com/product-category/randsel-boys/

澤田屋ランドセルキャプチャ

引用元:澤田屋ランドセル公式HP
https://kawaii-randsel.com/product/p-d-cbw2/

澤田屋ランドセルキャプチャ

引用元:澤田屋ランドセル公式HP
https://kawaii-randsel.com/product/p-r-sbw2/

ランドセルシリーズと価格

プレミアムディオ(男の子用) 39,800円
プレミアムラティブ(男の子用) 36,800円
プレミアムディオ(女の子用) 39,800円
プレミアムラティブ(女の子用) 36,800円
プレミアムラティブⅡ(女の子用) 38,800円

澤田屋のランドセルを購入した ママパパの口コミ

<

最近のランドセルはサイズが大きくなったのに合わせてか、重量が重たく感じるのでどうかなと思っていました。そんな中で澤田屋さんのランドセルを見て、「これだ!」と思い、すぐにきめちゃいました!見た目以上に軽いし、デザインも凝りすぎないで可愛い♪ 母娘ともにお気に入りのランドセルになりました!

引用元:2021年度版ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/sawadaya/)

親目線からなのですが、ひとまず安くて一定の品質が保たれているというのが何よりの評価です。贅沢を言えばもう少しバリエーションは欲しかったところですが、幸い息子が気に入ったカラーがあったので助かりました。

引用元:2021年度版ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/sawadaya/)

デザインも悪くないし、何より手頃な価格でしっかりしたものなので満足。手に入ってからしばらくこねくり回してみましたが、縫製もしっかりしていてほつれなども見当たりませんし、型崩れもありませんでした。総合的にはかなり満足。

引用元:2021年度版ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/sawadaya/)

澤田屋のランドセルの特徴

丈夫さへの工夫

澤田屋ランドセルでは、ランドセルの素材に人工皮革を採用しています。人工皮革は皮と比べて安価・軽い・丈夫・防水性・手入れがしやすいなどさまざまな特徴があります。この人工皮革を使うことにより、6年間もの長い期間の使用に耐えられる耐久性を持たせることができるのです。また、ランドセルは長く使う分、傷ついてしまう場面もありますが、人工皮革は傷にも強いという面もあります。このように、人工皮革を用いることで、ランドセルに必要な丈夫さと安さを両立できている点が大きな特徴です。

安全性への工夫

給食袋などを引っ掛けるナスカンは、安全ナスカンを採用。この部分に一定以上の荷重がかかってしまった場合には自然と外れるようになっています。また、ランドセルの大マチから小マチにかけて引いてある前ベルトには反射板を使用。塾などで帰りが遅くなってしまったときも車に対して存在をアピールできます。

色やデザインの工夫

男の子用はレトロでシンプルな雰囲気からスポーティーなデザイン、女の子用のランドセルは、キュートなデザインからレトロなものまで様々なデザインを用意。同社のランドセルは、時代に合ったデザインとカラーリングを意識してデザインされていることから、「6年後にもおしゃれに使えるデザイン」と定評がある点が特徴といえるでしょう。

子どもに負担をかけない 「澤田屋ランドセル」の工夫とは?

ランドセルにたくさん荷物を入れても子供の体に負担をかけないよう、素材に人工皮革を採用することでランドセルそのものの重量を軽くしています。また、肩ベルトにはしっかりとクッションを入れて、肩への負担を軽減。さらに背中部分にもクッションが入れてあることで、暑い夏でも蒸れを防ぐことができ、汗をたくさんかく子供でも安心して使えます。

澤田屋の会社情報

本社住所 神奈川県座間市入谷東3-28-19
店舗展開エリア 神奈川県座間市
各店舗の営業時間 10:00〜20:00
展示会情報 要問い合わせ
故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに