「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » ランドセルの口コミ評判を集めました » ララちゃん(羅羅屋)

ララちゃん(羅羅屋)

羅羅屋のララちゃんランドセルを購入した人の口コミをピックアップしました。女の子向け・男の子向けのランドセル製品情報についてもまとめているので、ランドセル選びの参考にしてくださいね。

ララちゃん(羅羅屋)の口コミ評判

メーカーによってランドセルの質が全く違います

私の息子は黒のランドセルが欲しいといったので、黒のランドセルを購入することにしました。

黒ならどこのメーカーでもいいだろうと思っていたのですが、いざお店で確認すると微妙な違いがあって最終的にララちゃんランドセルを購入することに。

内装がタータンチェック柄で、息子はそこが気に入ったそう。デザインだけでなく、いっぱい物が入り背負い心地も良いそうで息子も大喜びです。

6年間保証がつくのが◎

6年間きちんと使えることをポイントにランドセル選びをしました。ララちゃんなら6年間保証がつきますし、デザインもかわいいのが◎。

先日、雨が降った際にランドセルが濡れてしまいましたが、すぐに乾いてシミ1つありませんでした。

私が小さい頃使っていたランドセルは雨に濡れるとシミができたり、6年生になったらボロボロになっていたので今のランドセルはすごいなと感心させられます。

子どもの好みは変わる

女の子だと真っピンクとか、男の子ならキャラクターがデザインされたランドセルを購入した場合、高学年になるにつれて恥ずかしいと思うようになってくるみたいです。入学前はあんなに喜んでいたのに。

かわいい我が子を思うなら好きなデザインのランドセルを買ってあげるべきなのでしょうが、趣味・嗜好の変わるであろう6年間を考えて選ぶ際に助言してあげることも大切かなと思います。

【女の子編】ララちゃん(羅羅屋)のランドセル

ロゼ・ピンクステッチ、ビターチョコ、ソーダなどカラーバリエーション豊富なララちゃんランドセル。

大人っぽいシンプルなデザインのランドセルや女の子らしいピンクを基調に花柄をデザインしたランドセルなど、お気に入りの1つを見つけることができるでしょう。

女の子向け人気ランドセル5選を
詳しくみる

【男の子編】ララちゃん(羅羅屋)のランドセル

定番の黒から男女人気のモカチョコまで、男の子に似合う色を揃えています。イタリアのデザイナーがデザインをした珍しい形のランドセルも。

デザインだけでなく容量もあり、持ちやすさにも優れたランドセルを選ぶことが可能です。

男の子向け人気ランドセル5選を
詳しくみる

ララちゃん(羅羅屋)の基本情報

製造元 株式会社羅羅屋
創業年数 昭和49年(1974年)
本社所在地 埼玉県川口市南鳩ヶ谷3-22-1
ラインナップ Angel-rara(エンジェル・ララ)、Kirara(キララ)、あいDX、titti e titti(ティティ・エ・ティティ)

株式会社羅羅屋とは

1974年8月に設立された株式会社羅羅屋。1981年にランドセル専門メーカーとしてブランドを発足して以来、子どもたちに「モノを大切にする気持ちを育んでもらいたい」という想いでランドセルを製造、販売してきました。また、現在一般的になっている「オーダーメイドランドセル」も実は羅羅屋が最初にスタートしたものです。

全ての工程を一つ一つ、職人が手作り

現在、ランドセルは福島県会津若松市にある工場で製造されています。ここには多くの職人がおり、数百にも及ぶランドセル作りの工程を一つ一つ手作業で行っています。ハンドメイドだからこそ、ララちゃんランドセルの豊富なオーダーメイドにも対応できるのです。

会津若松工場について

“魅せる工場”がテーマの会津若松工場。ここは国内唯一、製造工程を見学できるランドセル工場。見学通路から製造工程の説明をしてもらえますが、団体予約の場合は工場の中まで案内が可能に。誰もが手にして来たランドセルの製造工程を見ることができる、貴重な体験ができます。

羅羅屋のこだわり

ランドセル選びの際に見るポイントの一つが、「ランドセルに使われている素材」。羅羅屋のランドセルには、同社が繊維メーカーと共同開発した「ベルバイオ5」と呼ばれる素材を使用しています。

美しく使うためのこだわり

傷がつきにくい

この素材は牛革に匹敵する耐久性を持つため、傷や温度変化に強いという特徴を持っています。特に傷については、素材自体が修復力を持っているので、爪などでつけた傷もすぐに目立たなくなりますし、そもそも表面がすべすべしているので、爪を立てようとしても引っかからず滑り傷がつきにくいとも言えます。

牛革のような美しさ

ベルバイオは、まるで牛革を思わせる上品で美しい光沢感を持つ素材。耐久性にも優れているので、6年間使い続けてもずっと美しいまま。しっとりとした光沢が色褪せません。

耐久性に優れている

ベルバイオは耐久性にも優れており、真夏の暑い時期や真冬の寒い時期もしなやかさはそのまま。さらに収納部分を衝撃を逃がす柔軟な構造にすることで、力をかけても潰れない作りにすることで、6年間使い続けたとしても、安定した「箱型」を保てるようになっています。

防水性も抜群なので、雨の日も安心。内側の生地まで水拭きができてお手入れも簡単です。

快適な背負い心地へのこだわり

ランドセルを使う際には、背負い心地も大きなポイント。羅羅屋のランドセルも並々ならぬこだわりを持っています。

一人一人に馴染む肩ベルト

羅羅屋のランドセルの肩ベルトは、使い始めてからおよそ3ヶ月でそれぞれの体に馴染むので、6年間ずっと使い心地が良いまま。また、6年間の間にぐっと背が伸びても大丈夫。身長170cmまで対応できる8段階調整なので、背が高くなっても肩ベルトが短くて背負った姿がアンバランスになってしまうということもありません。

肩ベルトの長さだけではなく、付け根が上下左右に可動するのも背負いやすさに対する思いやり。激しく動き回っても重心が安定してしっかり体にフィット。ランドセルを背負った時に軽く感じるられる工夫です。

負担を和らげる低反発素材

特に激しく動き回る子どもの場合は、ランドセルから受ける衝撃も考えなければいけません。ララちゃんランドセルでは、背中と肩に当たる部分に低反発素材を使用。肩と背中が負担を和らげてくれます。さらに、背面は中央をくぼませることで通気性アップ。汗で蒸れないように工夫されています。

収納へのこだわり

どんどん荷物が増えていく子どもたちのために収納力にもこだわっています。ララちゃんランドセルは、背の高い教材も折れずに収まる抜群の収納力。A4クリアファイルやA4フラットファイルもすっぽりと収納できるワイドサイズとなっています。

安心・安全へのこだわり

小学校に送り出す親心としては、子どもの安全を守ってくれるランドセルであって欲しいもの。ララちゃんランドセルは、子どもの安全のためにさまざまな気配りがされています。

反射材で暗い道も安心

横ベルトの反射ラインとふたと肩ベルトに反射鋲を使用。車のライトが当たるとキラッと光って「ここにいるよ」と存在をアピールできます。

少ない衝撃で外れるフック

ランドセルの両側面についている小さなフックは、万が一下げた袋が引っかかっても事故に繋がらないよう、パチっと外れる作りに。もちろん外れた場合は6年間何度でも無料で交換部品を送ってもらえます。

どちらが利き手でも大丈夫!防犯ブザーのフックは両側に

万が一のための防犯ブザー用のフックは両側に装備しています。利き手がどちらでも大丈夫なように配慮されています

世界に一つのランドセル、オーダーメイドララちゃん

ララちゃんランドセルは、オーダーメイドやセミオーダーで世界に一つだけしかないランドセルを作ることができます。その組み合わせはなんと数万通りというから驚きです。

ホームページでシミュレーションが可能

形や大きさ、本体の色に加えてヘリの色、中の柄、側面の刺繍、ポケットの形、ふたの形、糸の色まで選択することが可能。これらはホームページ上でシミュレーションできるので、出来上がりのイメージを確認しながら選んでいってください。オプションでネーム刺繍などを入れることもできます。お子さんと一緒に一つずつ選ぶのも楽しそうですね。

肩ベルトを取り替えられる「K MODEL(ケーモデル)」

2018年、羅羅屋では肩ベルトを簡単に取り替えられる「K MODEL」を発売しました。

ランドセルがどんどん重くなっていくという背景から、ランドセルの背負い心地を左右する「背カン」に注目。新しく開発された背カンの特徴は、従来固定されている肩ベルトがワンプッシュで外すことができ、ベルトを簡単に交換できるということ。ララちゃんランドセルの中でも、大容量モデルに採用されています。

成長に合わせてベルトを交換したり、子どもの肩によりフィットする肩ベルトに交換したり。6年間、しっかりと子どもの成長に寄り添うことができます。現在は、肩に優しいソフト素材の交換ベルトのみ用意されていますが、今後は季節やシーンに合わせた交換が実現できるよう、さまざまなベルトが登場する予定です。

※オーダーメイドまたはセミオーダー(チョコレート、キャンディ)の大容量サイズにのみ交換ベルトが付属します。

オーダーメイドランドセルの先駆け

なんと黒と赤以外のラインナップをはじめて発表したのもこの羅羅屋。さまざまな試みを行い、本当に子どもに寄り添ったランドセルを作り続けています。もちろんオーダーメイドの他にもさまざまなモデルを用意しているので、きっとお気に入りのランドセルが見つかるはず。子どもの目線から考えられた、6年間しっかり使い続けられるランドセルと言えるでしょう。

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る