「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » ランドセルの口コミ評判を集めました » ぴかちゃん(池田屋)

ぴかちゃん(池田屋)

池田屋のランドセルを購入した親子の口コミ評判を集めました。女の子向け・男の子向けランドセルの情報もまとめているので、ラン活の参考にしてみてくださいね。

ぴかちゃん(池田屋)の口コミ評判

子どものためを思って作られたランドセルです

池田屋のランドセルは他メーカーと比べて肩ベルトが太く、肩にかかる負担が少なくなっています。子どものことを考えて作っているんだろうなあと感じました。

A4ファイルがスッと入るサイズで、使い勝手も良さそうです。また、作りもしっかりしています。

6年間使用して、1度も壊れませんでした。捨てるのがもったいないと感じるくらいキレイなままです。

満足のいくラン活ができました!

最近は色がカラフルだったりハートの刺繍が入っていたり、キラキラしたランドセルが多いと思います。

池田屋のランドセルはシンプルなデザイン。色合いと上品で、「これなら6年間飽きずに、大事に使ってくれそう」と思って決めました。

子どもは最近のデザインのほうが好きかも…と思っていましたが、娘も池田屋のランドセルを気に入ってくれたようです。

老舗メーカーを選んで良かったです

私の母が「老舗で買いなさい」と言うので、できるだけ安く済ませたいんだけどなあ…と思いつつ池田屋のランドセルを見に行きました。

でも、実際にランドセルを見て間違っていたと実感。ほかのランドセルと比べて品が良く、娘に6年間持たせるならコレだと感じました。

デザインもシンプルながら、洗練されています。母のアドバイス通り、池田屋のランドセルを見に行って良かったです。

【女の子編】ぴかちゃん(池田屋)のランドセル

6年間飽きずに使えるように、シンプルにこだわって作られた池田屋のランドセル。

カラーバリエーションはロングセラーの赤をはじめ、ピンクやアンティークワイン、ラベンダーなどさまざま。

シンプルなデザインだからこそ、華やかな色でも落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

女の子向け人気ランドセル5選を
詳しく見る

【男の子編】ぴかちゃん(池田屋)のランドセル

牛革に近い特注生地や牛革を用いた、高級感のあるランドセルを展開しています。

シンプルで上品なデザインは、男の子をお兄ちゃんっぽく見せてくれるはず。カラーバリエーションも豊富なので、楽しくランドセル選びができますよ。

男の子向け人気ランドセルを
5選を詳しく見る

ぴかちゃん(池田屋)の基本情報

製造元 有限会社池田屋カバン店
創業年 昭和25年(1950年)
本社所在地 静岡県静岡市葵区呉服町1-6-7
ラインナップ ベルバイオスムース カラーステッチ、マットクラリーノ カラーステッチ、ツヤ消しクラリーノシンプルステッチ、マットクラリーノカラーコンビ、イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ、イタリア製防水牛革プレミアムシンプルステッチ、イタリア製防水牛革プレミアムカラーコンビ、防水牛革クラシック シワ加工、イタリア製防水牛革プレミアム半カブセ、イタリア製防水牛革 シルバーメタリック、防水コードバン

有限会社池田屋カバン店の歴史

池田屋は1950年に創業。以来、ランドセルを中心に革製品のバッグ、財布、小銭入れ、ベルトなどの製造・販売を行ってきました。1986年に「ぴかちゃんランドセル」を商標登録し、自社での製品開発を開始。以来、高品質で使いやすいランドセルを提供し続けてきています。

2000年には創業50周年を迎え、このタイミングからネットでの販売をスタート。さらに2003年には東京銀座店をオープンし、全国に実店舗を6店構えているほか、全国各地で展示会を開催。全国の子どもたちとその親が、ランドセルを実際に試着して、納得した上で購入できる環境を整えています。

池田屋の理念「子ども思い」

どんな子どもでも使いやすいランドセルを作りたい、と素材や部品のひとつひとつまでこだわってきた池田屋。

理想のランドセルを作るためには、樹脂メーカーや金属加工メーカーなどとも協力。たくさんの試行錯誤を重ねながら理想型のランドセルを作り続けています。

リピート率は業界トップクラス

「自分も使っていた池田屋のランドセルを、子どもにも使わせたい」「兄弟3人とも池田屋のランドセルを愛用」というように、池田屋のランドセルはリピート率が非常に高いのも特徴。これも、多くの人から受ける支持の裏付けとも言えます。

自分の子どもには、良いものを使わせたいというのはどの親も共通の想い。そんな想いの中でリピート購入するということは、本当に、池田屋のランドセルが良いものである、という認識があってこそだと言えるでしょう。

池田屋のこだわり

ランドセルとともに、カバンや小物などの革製品の製造・販売も行っていた池田屋では、“モノづくり”のなかで培ってきた技術やノウハウがランドセル作りにも生かされています。

デザインへのこだわり

池田屋が選ばれる大きな理由の1つはデザイン。質素でありながら上品なデザインは全ての年代から愛される老舗メーカーならではの賜物です。

構造や機能は全モデル共通

池田屋のランドセルの大きな特徴が「構造や機能は全てのモデルで共通」ということ。例えば肩ベルト、背当て、カブセの裏など、子どもたちが使う上で最適な作りであれば、モデルごとに変える必要はないと考えています。

共通の構造・機能だからこそ、選ぶ際は見た目と重さ、価格の3点だけを比較すれば欲しいモデルが決まり、ランドセル選びの負担も減らすことができます。

6年間飽きずに愛せる「シンプルさ」

ぴかちゃんランドセルのデザインは、ほかのメーカーの製品と比べると非常にシンプル。

ランドセルは6年間使い続けるものですが、この長い期間の中で子どもたちは成長に応じ興味や好みも大きく変化します。この敏感な変化に対応するために、池田屋のランドセルはシンプルさを守り続けています。

シンプルだからこそ、アレンジにも対応できるという利点もあります。例えば低学年の頃は刺繍シールや反射シールでアレンジを楽しみ、成長とともに好みが変わったら剥がしてシンプルなランドセルに戻すことも可能です。

池田屋のランドセルには「刺繍」がありません

池田屋のランドセルには、全てのモデルにおいて刺繍が施されているものがありません。それにもきちんと理由があるのです。

防水の観点から縫い目は最低限に

雨が降った時や水がかかった時、ランドセルに施された刺繍には水が染みこんでしまいます。染みこんだ水は、縫い糸を伝わってそのままランドセルの内部に。時には大切な勉強道具に水がしみてしまうこともあるかもしれません。池田屋では、そんな状況を未然に防ぐため、ランドセルの縫い糸は最小限に抑えています。

素材の強度を保つため

刺繍を施さないのはランドセルに使われている素材の強度を保つため、という意味もあります。

並んだ針穴は、いわば「切り取り線」のようなもの。多くなるほど素材が破れやすくなるのは避けられません。そのため、池田屋のランドセルは極力針穴を少なくするため、刺繍を施していないのです。

成長した時のことを考えて

小学校で過ごす6年の間に、子どもたちの好みは変わっていきます。入学前には大好きだったハートや星が、6年生になる頃にはあまり好みではなくなっているかもしれません。

長く使うものだからこそ、シンプルに。そんな思いから刺繍を施さないデザインを貫いています。

使いやすさへのこだわり

大容量×使いやすさ

池田屋のランドセルに関する口コミの中でも特に多いのが、「大容量で使いやすい」という意見。

ランドセルに入れるものは、教科書や筆入れだけではありません。給食着や体操着、水筒、上靴などびっくりするほど荷物が多くなる日もあります。それでも池田屋のランドセルは大丈夫。メインのポケットは12センチのマチ、子マチは最大4.5センチまで広がり、たくさんの荷物を入れられる作りになっています。

全ての荷物がランドセルに収まれば両手が空いてとても歩きやすいですし、何より安全面でも安心です。

時間割ポケットの工夫

ランドセルにつきものの「時間割ポケット」。一般的なランドセルでは、カブセ裏にポケットが備え付けられている場合が多いのですが、今はあまり使われていないというデータがあります。また、ランドセルを使用しているうちにボロボロになってきやすい部分でもあります。

そこで池田屋では、カブセ裏の時間割ポケットをなくしました。その代わり、時間割ポケットが必要な人のために、別売パーツとして時間割ポケットを用意。必要な時に取り付けられるようにしたことで、利便性の高さを実現できています。

機能面へのこだわり

ランドセルを使う上では、デザインとともに機能面も非常に重要なポイントです。池田屋のこだわりを見ていきましょう。

やんちゃな子どもでも大丈夫な耐久性

池田屋では、これまで修理に持ち込まれたランドセルについて研究することで、潰れにくく壊れにくい構造のランドセルを実現しています。さらに、袋がけなどの部品も金属製ではなく、軽量で強度・耐久性に優れているナイロン樹脂のパーツを使用。あらゆる面から、6年間の使用に耐えられる耐久性を実現しています。

どんな体型にもフィットする背負いやすさ

背負いやすさを実現するために、池田屋のランドセルでは全モデルの肩ベルトに牛革を使用。さらに肩ベルトのフィット感をサポートするために背カンを上下に移動できる「池田屋背カンするぴた」を採用したり、ベルトが脇に当たった時の不快感を減らす「ギボシベルト」などを使用することで、どんな体型でもフィットし、不快な思いをすることなく毎日通学できるランドセルを作り上げています。

危険を未然に防ぐ安全性

子どものためのランドセルが決して子どもを傷つけるものになってはいけない、という思いから、細かいパーツに渡って工夫がされている池田屋のランドセル。

例えば万が一転倒した時でも安心なように背カン部分の金属フックはナイロン製のループに。また、袋がけは強い力で引っ張られると外れるような設計に。このような工夫が随所に散りばめられています。

保証に対するこだわり

ランドセルを購入する上で、重視されることも多い「保証面」にも池田屋の信念が反映されています。

6年間の「子ども思い保証」

池田屋のランドセルには、全て6年間の「子ども思い保証」がつけられています。

これは、ランドセルが故障したら無料で修理を行ってもらえるもので、故障の理由は問わずどんな理由の故障でも全てのランドセルを修理してもらうことができます。故障の原因によっては有料、という制約は池田屋にはありません。

修理不能なら新しいランドセルと交換

ほとんどの場合修理可能ではありますが、万が一修理が不可能なレベルで故障してしまった場合は新しいランドセルと交換をしてくれるという点も安心。

楽しい小学校生活をサポートしてくれる池田屋のランドセル

池田屋で作り上げるひとつひとつのランドセルからは、創業以来培われてきた職人の技術と、子どもたちへの強い思いを感じることができます。誰にでも愛される飽きのこないデザインと、機能面に対する徹底したこだわり、そして保証面と、「使う人のことを考えた」モノづくりを行ってきた池田屋のランドセルは、多くの池田屋ファンから支持され続けています。

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る