子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセルメーカーの口コミをまとめました » モギカバン

公開日: |最終更新日時:

モギカバン

徹底的に仕立てにこだわり、大量生産ではなく「品質」を求めているモギカバンのランドセル。1929年の創業以来、良いものだけを作り続けています。ランドセルのシリーズは4種類。高級素材のコードバンを使用した「コードバン」シリーズ、熟練の職人が手がける「たくみ」シリーズ、スマートな機能美を追求した「ユニバーサル」シリーズ、緻密な刺繍が施された「プリズミックス」シリーズが用意されていますが、中には毎年売り切れるものもあるほど人気を集めているランドセルです。

コードバンプレステージ

引用元:モギカバン公式HP
https://randoseru.mogi.me/c-item-list?category_id=25

スタンダード クラシコ

引用元:モギカバン公式HP
https://randoseru.mogi.me/c-item-list?category_id=10

ヴィクトリアンハート

引用元:モギカバン公式HP
https://randoseru.mogi.me/c-item-list?category_id=18

ランドセルシリーズと価格

コードバン プレステージ 113,400円(税込)
コードバン スタンダード 95,700円(税込)
たくみ プレステージ スムース 79,500円(税込)
たくみ プレミアム 男の子カラー55,000円(税込)
女の子カラー53,900円(税込)
ユニバーサル スタンダード 63,000円(税込)
コンビカラー64,000円(税込)
ユニバーサル プレミアム クラリーノタフロック56,000円(税込)
クラリーノエフ53,000円(税込)
プリズミックス ヴィクトリアンハート 60,000円(税込)
プリズミックス ロココハート 58,000円(税込)

モギカバンのランドセルを購入した ママパパの口コミ

確かな縫い付けなど品質も良く、カラーバリュエーションも豊富なため、大人から見ても魅力あるランドセルだと思います。値段も購入しやすい値段なので、ランドセル選びで悩んでいる人は選択肢のひとつにしても良いかもしれません。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/mogi)

A4ファイルが入るのと、内ポケット部分に透明の伸縮チェーン?がついていて家の鍵など持たせるのにちょうどいいなと思いこちらにしました。肩ベルトの部分に防犯ブザーがつけられるように金具がついているのもいいですね。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/mogi)

兄妹でモギカバンのランドセル(兄・クラリーノ、妹・牛革)を愛用しています。兄の方はもうすぐ卒業ですが、型崩れもなくキレイに使い終えそうです。妹の方も、目立った傷もなくきれいに使えています。値段もそれほど高くないので、品質やコンスパに大満足しています。それに、モギカバンは使い終わったランドセルをリメイクしてくれるので、今から楽しみです。

引用元:ランドセル教室(https://randoseru-kyousitsu.com/mogi/universal/)

モギカバンのランドセルの特徴

丈夫さへの工夫

モギランドセルの丈夫さの秘密は、ランドセルのさまざまな部分に入っている「補強材」。特に大マチの入り口部分にはしっかりと補強材を入れることによって型崩れを防ぎます。この工夫により、丈夫で長持ちするランドセルになります。

安全性への工夫

防犯用のブザーやホイッスルをランドセルにつけておくためのDカンを用意。右利き・左利きどちらでも使えるように両側にDカンをつけています。また、暗い夜道でも光るように、反射鋲やリフレクターをつけています。車のヘッドライトがランドセルに当たったときにピカッと光ることにより、学校帰り・塾帰りの子供を守ります。

色やデザインの工夫

防犯用のブザーやホイッスルをランドセルにつけておくためのDカンを用意。右利き・左利きどちらでも使えるように両側にDカンをつけています。また、暗い夜道でも光るように、反射鋲やリフレクターをつけています。車のヘッドライトがランドセルに当たったときにピカッと光ることにより、学校帰り・塾帰りの子供を守ります。

子どもに負担をかけない 「モギカバン」の工夫とは?

モギカバンのランドセルは、重さによる体の負担を減らすために、「ウイング背カン」の部分に工夫をしています。ランドセルを背負ったときに、肩ベルトが子供の肩にすっぽりはまるように設計することにより、ランドセルの重心と背中に隙間を作りません。ランドセルと体がより密着するような作りになっていますので、背負う力が少なく済みます。

モギカバンの会社情報

本社住所 群馬県桐生市本町5-369
店舗展開エリア 群馬県、栃木県
各店舗の営業時間 桐生本店:10:00~19:00
足利店:10:00~20:00
太田店:10:00~19:30
展示会情報 要問い合わせ
故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに