-Ransel- 後悔しないためのランドセル比較・選び方 » ランドセルメーカーの口コミをまとめました » マツモト

公開日: |最終更新日時:

マツモト

型崩れ防止補強で耐久性があるマツモトのくるぴたランドセル。丈夫な素材だけを使用したランドセルは、メンテナンスも簡単です。男の子に人気のシンプルなデザインのものから、女の子が喜ぶカラーやデザインまで、幅広いデザインをそろえています。

マツモトキャプチャ

引用元:「マツモト」公式HP
https://www.kurupita.jp/shopdetail/000000000032/

マツモトキャプチャ

引用元:「マツモト」公式HP
https://www.kurupita.jp/shopdetail/000000000021/

マツモトキャプチャ

引用元:「マツモト」公式HP
https://www.kurupita.jp/shopdetail/000000000038/

マツモトキャプチャ

引用元:「マツモト」公式HP
https://www.kurupita.jp/shopdetail/000000000020/

ランドセルシリーズと価格

くるピタ バービー ガーリーフラワー ランドセル 85,800円
くるピタバービー ポップキュート ランドセル 85,800円
くるピタ ガール おしゃれゴージャス ランドセル 66,000円
くるピタボーイ レインボーフラッシュ ランドセル 60,500円
くるピタボーイ タフクール ランドセル 74,800円
くるピタフィラ おしゃれスポーティー ランドセル 74,800円

「マツモト」のランドセルを購入した ママパパの口コミ

きれいな色が娘の目に留まり、パールピンクを購入しました。バービーと言うか、ハートモチーフですね。

ナスカンやチャーム、名前窓、内装などにハートがふんだんにあしらわれています。錠前までハート型になっていてとてもかわいいです。

金具が艶消しシルバーで、派手になり過ぎてないところもよく考えられてます。

メインの大マチは縦横共にサイズがしっかり確保されていて、たっぷり収納できます。

引用元:2022年度版ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/kurupita/)

紺地と金色のステッチがとても映えています。派手な装飾が他にないため、デザイン上のいいアクセントになっていますよ。

内装もオーソドックスでいいですね。牛革で、容量もしっかり確保している割に軽めなのがウリです。

本品購入の決め手はくるピタ錠前ですが、これは本当に使いやすいです。荷物はパンパンに入れても簡単に開閉できるのが特にいいですね。

引用元:2022年度版ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/kurupita/)

「マツモト」のランドセルの特徴

嬉しい安全機能がたくさん

天候が悪い日や暗い夜道でもランドセルに光が反射して光る反射材を、ランドセルに取り付けています。マツモトのランドセルに使用されている反射材は、360度どの角度からでも見えるよう取り付けられており、子供の安全を考えられています。

手荷物をひっかけられるナスカンは、一定の力で引っ張られると金具が外れる設計に。ランドセルが外れなくなる危険を防ぐ工夫がされています。

マチ幅が広く使いやすい

マツモトのランドセルのマチ幅は12センチ以上あり、A4フラットサイズのものも楽に入る広さです。ポケットもワイドサイズなので荷物がたっぷり収納できます。ランドセル一つに荷物をまとめることで、両手が空いた状態で通学できるでしょう。

6年間修理保証付き

マツモトではランドセルを使用し始めてから6年間、修理保証を行っています。保証される修理内容は糸のほつれ、ベルトの切れ、金具の故障や破損など。製造上の不備で発生した故障については、無料修理を利用できます。修理期間中はランドセルを貸し出してもらえるので、通学にも差し支えありません。

子どもに負担をかけない「マツモト」の工夫とは?

毎日背負うランドセルが子どもの負担にならないよう工夫されています。マツモトのランドセルくるピタのアップ式背カンは、立ち上がった肩ベルトが体にフィットするよう左右別々に動きます。

背当て部分には通気性が良い素材が使われており、蒸れを防いで長時間でも快適に使用できるのが特徴です。

「マツモト」の会社情報

本社住所 愛知県春日井市高山町4-9-7
店舗展開エリア 全国
各店舗の営業時間 店舗によって異なる
展示会情報 要問い合わせ
故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに