子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセルメーカーの口コミをまとめました » KIDsAMI(キッズアミ)

公開日: |最終更新日時:

KIDsAMI(キッズアミ)

KIDsAMI(キッズアミ)は創業70年以上の老舗メーカー「ナース鞄工」が企画開発と生産管理を行うブランドです。生産は国内の自社工場。優れたデザイン性と創造性で数多くの賞を受賞しています。また、大人気の子供服ブランド「fafa」とのコラボで、かわいくて美しいランドセルが出来上がりました。

KIDsAMI(キッズアミ)のモットーは「安心、安全、品質重視」です。子どもがAmi(仲間)として、6年間を過ごすのに相応しいランドセル作りをしています。タブレット端末の収納ポッケや公式ツイッター、公式インスタなど、新しい試みも盛りだくさんです。実物は全国の代理店のほか、東京足立の本社ショールーム、長野工場のショールームでも見られます。

KIDsAMIキャプチャ

引用元:KIDsAMI(キッズアミ)公式HP
https://www.naas.co.jp/products/detail/244

KIDsAMIキャプチャ

引用元:KIDsAMI(キッズアミ)公式HP
https://www.naas.co.jp/products/detail/254

KIDsAMIキャプチャ

引用元:KIDsAMI(キッズアミ)公式HP
https://www.naas.co.jp/products/detail/258

ランドセルシリーズと価格

はろー!ぷりんせす 69,800円
fafa×キッズアミ コラボランドセル 83,600円
キッズアミ ペリカンポッケ Plus+ 72,600円
キッズアミ ラビットライト 50,600円
キッズアミ ラビットワイド 55,000円
キッズアミ エレファントキューブ 71,500円
キッズアミ アミティ 63,800円
キッズアミ ペリカンポッケ 69,300円

KIDsAMI(キッズアミ)のランドセルを購入した ママパパの口コミ

容量が大きいのもさることながら、仕切りが付いているため仕分けがしやすく、中味を探しやすく、取り出しやすいです♪付属のサブバッグを併用することで、さらに細かく仕分けることも可能です。

引用元:2022年度版ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/kidsami/)

ペリカンポッケのラベンダーを買いました。ジッパーを開閉することにより、サイドポケットの厚みを変えられるユニークなモデルです。

そのままでもそこそこ大容量なので、どこまでこの機能を使うかはわかりませんが、いざというときには役立ちそうです。

引用元:2022年度版ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/kidsami/)

オーソドックスな当たり障りのないデザインで、艶を抑えたコードバンの質感が際立ちます。内装も総張りで高級感あります。

祖父母がプレゼントしてくれたのですが、開封したときの娘の嬉しそうな顔が、なによりのお返しとなったようです。

引用元:2022年度版ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/kidsami/)

KIDsAMI(キッズアミ)のランドセルの特徴

登録商標のラクラク整頓グッズ

KIDsAMI(キッズアミ)のランドセルには商標登録している整頓グッズが付いています。取り外し可能な「しわけジョーズ」と呼ばれる仕切り板と、校内で持ち歩ける整理バッグの「キッズアミパック」です。ランドセル内部がスッキリします。

6年使える頑丈ボディ

「安心、安全、品質重視」のKIDsAMI(キッズアミ)が開発した特殊プレートによる補強で、押しても型崩れしない頑丈さを実現しています。

豊富なラインナップ

人気ブランドやタレントとのコラボ商品も出ているKIDsAMI(キッズアミ)のランドセルは、豊富なラインナップでさまざまなニーズに応えています。その数は28モデルです。それぞれに2つ~6つのカラーバリエーションが用意されています。選択肢の多さに迷ってしまうかもしれません。

子どもに負担をかけない 「KIDsAMI(キッズアミ)」の工夫とは?

KIDsAMI(キッズアミ)のオリジナル背あて「ウインディソフト」は、広島大学の長町三生名誉教授が監修したスグレモノです。重さが偏らないよう、左右と下部に計3つのクッションが配置されています。また、左右別々に開閉する「ウイング背カン」と形状を安定させる「エコボーン」の組み合わせは、肩の痛みを防ぐための工夫です。さらに、ランドセルのフィット感を高めることで、体感重量を軽くする工夫も取り入れられています。

KIDsAMI(キッズアミ)の会社情報

本社住所 東京都足立区梅島3-12-20
店舗展開エリア 東京都足立区/長野県佐久市
各店舗の営業時間 ナース鞄工 本社ショールーム
10:00~17:00(平日)
(昼休み12:00~13:00/受付 16:30まで)
※30分時短営業/土曜日は不定期営業
(有)チクマ 長野工場ショールームは要問い合わせ
展示会情報 要問い合わせ
故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに