子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセルメーカーの口コミをまとめました » 生田

公開日: |最終更新日時:

生田

6年間修理保証がある「ランドセル工房生田」のランドセルは、シックで落ち着いた工房系らしいデザイン。代表的なシリーズはもちろん、実際に「生田」のランドセルを購入したママパパの口コミもまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

生田ランドセル_プレミアム 匠 コバ塗り コードバン

引用元:生田 公式サイト
https://www.randsel.jp/product/cordovan-premium-takumi-koba/

生田ランドセル_プレミアム 匠 コードバン

引用元:生田 公式サイト
https://www.randsel.jp/product/cordovan-premium-takumi/

生田ランドセル_コバ

引用元:生田 公式サイト
https://www.randsel.jp/product/koba/

生田ランドセル_ハナ

引用元:生田 公式サイト
https://www.randsel.jp/product/hana/

生田ランドセル_アース

引用元:生田 公式サイト
https://www.randsel.jp/product/earth/

ランドセルシリーズと価格

プレミアム 匠 コバ塗り コードバン 85,700円(税込)
プレミアム 匠 コードバン 78,600円(税込)
コバ 63,100円(税込)
ハナ 56,000円(税込)
アース 56,000円(税込)
ボルサ・フォルテ 65,100円(税込)
アスターコバ 66,200円(税込)
アクティブコバ 66,200円(税込)
ペンタス 63,100円(税込)
アスター 61,000円(税込)
シックスカラーランドセル[人工皮革] 52,500円(税込)

生田のランドセルを購入した ママパパの口コミ

高品質な本革ランドセルを探していたところ、「生田」のランドセルが気になりました。セレクトオーダーやオプションを付けられることに利点があります。

参照元:ランドセルの通知表 https://www.randoseru-report.com/ikuta/

牛革のランドセル。でも背負ってみると意外に軽くて、背あてにも分厚いクッションが入っています。背負い心地も良いですよ。

参照元:ランドセルの通知表 https://minhyo.jp/randoseru_ikuta

ランドセルの柄やビス、ナスカンなどを好みで選べる。アンティークゴールドの金具が特に良いです。4年目ですが、色あせも型崩れもないため、きれいなままです。

参照元:みん評 https://minhyo.jp/randoseru_ikuta

ウェブサイトでオーダーのシミュレーションができ、楽しく作っていくことができます。背負っても、重いということはないですね。

参照元:みん評 https://www.randoseru-report.com/ikuta/

生田のランドセルの特徴

丈夫さへの工夫

「ランドセル工房生田」は、ランドセルづくりにおける300もの工程すべてを自社工房の手作業で行っています。もちろん頑丈さにも徹底的にこだわっており、荷物の出し入れで傷つきやすい部分を補強したり、型崩れをふせいだりするため特殊樹脂を採用するなど、「しっかりと頑丈なランドセルを作る」というコンセプト通り、子どもが活発に動き回っても6年間にわたって使い続けられる、そんなランドセルの丈夫さを追求しています。

安全性への工夫

背負いやすく快適なだけでなく、子どもの安全もしっかりと守ってくれるのが、「ランドセル工房生田」のランドセル。例えば、防犯ブザーを装着できるフックが両肩についているため、いざという時に子どもが自分の利き手で手を伸ばせるよう、どちらでも装着できます。また、生田であればランドセルが故障した場合でも6年間無償で修理保証がついているため、壊れたランドセルを使い続けることで身体を壊したり、怪我をしたりすることもありません。

色やデザインの工夫

「生田」のランドセルは、工房で熟練した職人が手作りをしているだけあって、上品でシックな雰囲気が特徴。デザインもカラーリングも落ち着いた、子どもにも大人にも好ましい印象を与えます。また「オーダーメイド」で世界にひとつだけのランドセルを作成できます。側面のデザインや糸の色合い、内装、金具など、細かいところまで自分の好みを反映できるため、自分だけのランドセルを作ることができるのです。

子どもに負担をかけない 「生田」の工夫とは?

ランドセルの背負いやすさを決める「肩ベルト」。「生田」では、子どもの体型や背負いやすさの好みに応じて、本革を使用した2種類の肩ベルトを選べます。昔ながらのスタンダードタイプはもちろん、立ち上がり肩ベルトは、使い始めから子どもの肩にしっかりフィットするため、身体への負担を軽減。どちらも子どもの背負いやすさに応じてメリットがあります。ぜひ一度、実際に背負って確かめてみてはいかがでしょうか。

生田の会社情報

本社住所 大阪市生野区田島6-2-16
店舗展開エリア 大阪(1店舗のみ)
各店舗の営業時間 10:00~17:00(当面)
※通常は10:00~18:00
各店舗の定休日 火曜・水曜(閑散期除く)・年末年始
展示会情報 2021年度 展示会は予約入替制にて開催。
今年度の展示会は終了いたしました。

最新情報

  • 2021.10.04
    【受注状況】シックスカラー完売・全ランドセル残り僅か
    2022年モデル(年長さん向け)当社ランドセルの現在のご注文受付状況をお知らせいたします。
    お客様のご注文を精査した上で、完売となっていた一部の商品がご注文いただけるようになりました。
  • 2021.09.02
    【お迎え】ランドセルと出会う記念日
    ランドセルお迎えイベント
    これからの6年間を共に過ごすランドセル。
    自分のランドセルと出会う記念日として、ご家族で記念写真を撮りませんか?その場で、撮影した記念写真をプレゼント!!
  • 2021.07.30
    【レンタル】ランドセルの貸し出しサービス
    おうちが展示会場に早変わり!!
    お家にいながら、生田のランドセルを実際に背負ってみましょう。

SNS情報

故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに