子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセルメーカーの口コミをまとめました » 池田屋
 

池田屋

「ぴかちゃんランドセル」を展開しているランドセルメーカー「池田屋」。同社の特徴はもちろん、「池田屋」のランドセルを購入したパパ・ママの口コミも集めました。

池田屋ランドセル

引用元:池田屋 公式サイト
https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=32&class_id=1405

池田屋ランドセル_イタリア製防水牛革プレミアム シンプルステッチ

引用元:池田屋 公式サイト
https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=32&class_id=1397

池田屋ランドセル

引用元:池田屋 公式サイト
https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1361

池田屋ランドセル_ベルバイオスムース カラーステッチ

引用元:池田屋 公式サイト
https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=21&class_id=1022

池田屋ランドセル_マットクラリーノ カラーステッチ

引用元:池田屋 公式サイト
https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1357

ランドセルシリーズと価格

No.70 ベルバイオスムース カラーステッチ ¥ 59,500 (税込)
No.56 マットクラリーノ カラーステッチ ¥ 53,000 (税込)
No.51 ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ ¥ 49,500 (税込)
No.59 マットクラリーノ カラーコンビ ¥ 55,000 (税込)
No.05 イタリア製防水牛革プレミアム カラーステッチ ¥ 68,000 (税込)
No.01 イタリア製防水牛革プレミアム シンプルステッチ ¥ 68,000 (税込)
No.09 イタリア製防水牛革プレミアム カラーコンビ ¥ 69,500 (税込)
No.04 防水牛革クラシック シワ加工 ¥ 68,000 (税込)
No.06 イタリア製防水牛革 シルバーメタリック ¥ 69,500 (税込)
No.12 イタリア製防水牛革プレミアム 半カブセ ¥ 73,000 (税込)
No.00 防水コードバン ¥ 98,000 (税込)
No.15 イタリア製防水牛革プレミアム カラーステッチ オーダー ¥ 73,000 (税込)
No.19 イタリア製防水牛革プレミアム カラーコンビ オーダー ¥ 75,000 (税込)
No.69 マットクラリーノ カラーコンビ オーダー ¥ 60,000 (税込)

池田屋のランドセルを購入したママパパの口コミ

品質、シンプルで丈夫、大容量な事から、決めました。6年間、(この春卒業したので)男の子なのでかなり乱暴に扱ったりもしていましたが、型崩れすることなく、使うことができました。なんなら、もう、6年間、使えそうです。知り合いは、お兄ちゃんのお下がりで、もうすぐ12年間の使用になるのに、型崩れしてないですよ!びっくりしたのは、お道具箱をランドセルに入れて帰ってきたこと。普通にすっぽり入っていました。それから、何度も入れた上に、教科書もぎゅうぎゅうに入れてきたので、さすがに、4年生の冬休み前に一部、割けてしまいました。春休みに修理に出しましたが、込み合っていて時間がかかるとのことで、代わりのランドセルも使っているランドセルに色が同じものを貸していただきました。しかし、2週間しないくらいで、戻ってきて、新学期に間に合いました。しかも、どこを修理したのか分からない状態なくらい、違和感もなく完璧でした。丈夫さ、軽さ、A4が入る、大容量、そして修理のこと。すべてにおいて、我が家は池田屋にして良かったです。お勧めします!

※引用元:ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/ikedaya/#i5)

元気一杯の息子、扱いも決して丁寧なわけではありませんが、つぶれることなく、綺麗なままです! またお道具箱もそのまま入れられるくらいにゆとりあるサイズで、いろいろ手さげを持ちたくない男子にはとても快適のようです!ベルバイオは人工皮革ですが、傷みやすいベルト部分は牛革だったり、見た目も牛革と変わらず、デザインもシンプルで、とにかく軽くて言うことなしです! 下の子も、おなじくベルバイオシリーズから選びました^_^

※引用元:ランドセル教室(https://randoseru-kyousitsu.com/ikedaya/)

池田屋ぴかちゃん・土屋鞄・ミキハウス・高島屋オリジナル・イオンかるすぽ・天使のはね・フィットちゃん・鞄工房山本・ララちゃんなど、いろいろと実際に見て触って(娘が)背負ってみて、ぴかちゃんになりました。しなやかでフィット感の良い肩ベルトとでこぼこのないソフトな背中部分のおかげで、一番背負い心地がよかったようです。また、安全を考えてバックルを使わなかったり、転倒事故・巻き込み事故を考慮したフックを自社開発したりしている点も大きなポイントになりました。

※参照元:楽天市場レビュー(https://review.rakuten.co.jp/item/1/218850_10000221/1rwd-h4uz1-y08fv_55456196/?l2-id=review_PC_il_body_05)

(前略)肩ベルトの調節も「ギボシベルト」で簡単ですし、金属製のバックルがないので体にベルトが当たっても痛くないのがとても良いです。容量も申し分なく、荷物の出し入れがしやすいようで、1年生でも使いやすいと思います。半カブセについてですが、お洒落だし周りの人と被らないデザインで良いのですが、実際に使い出してから分かったこと、感じたことがあります。良い点はランドセルの開け締めがしやすいこと、机の上に置いて勢いよく開けても周りの友達にふたが当たりにくい(半カブセで長さが短いため)ことです。(後略)

※参照元:みん評(https://minhyo.jp/pikachan)

池田屋のランドセルの特徴

安全性への工夫

お子さんの安全を考えて、池田屋ではあらゆるパーツを自社開発しています。肩ベルトには先端が尖っていない「ギボシベルト」を使い、ベルトの金属が洋服に引っ掛かったり、身体に当たって怪我をするといったリスクをなくしました
防犯ブザーは、お子さんの成長や利き手に合わせてつける位置を変えられるようなフックを用意しています。
そのほか、ランドセルのかぶせ(ふたの部分)には芯材を使わず柔らかくなっているのですが、なぜだかわかりますか?お子さんがランドセルを開け閉めする際に、かぶせが跳ね返って錠前金具で顔に怪我をしないようにするためなんだとか。子ども思いな工夫が詰まったランドセルですね。

丈夫さへの工夫

「池田屋」のランドセルは、人工皮革と牛革の良いところをミックスしたハイブリット構造が特徴的。適材適所で素材を使い分けているため、「軽くて丈夫」なランドセルになっています。
こんなに軽くてやわらかいのに、肩ベルトは80kgで引っ張ってもちぎれないという頑丈さ。また、強度や耐久性に対する工夫は、ランドセル内部の樹脂版や変形防止版にも生かされており、こちらも80kgの押圧に耐えることができます。
万が一、ランドセルが壊れてしまっても無償で修理・交換を受け付けています。他社で必ず求められる保証書も、池田屋では必要ありません。

色やデザインの工夫

デザインはシンプル。ですが、色合いは高学年になっても落ち着きのあるアンティークワインやチョコといったカラーを用意。ずっと飽きない魅力があります。
雨の侵入を防ぐため、刺繍をあえて入れていないこともこだわりのひとつ。刺繍は防水性が下がるだけではなく、素材を傷めて強度を落とすことにもつながります。そのため、池田屋のランドセルは縫い目が少なく、ランドセルの内装部分に至っては縫い目がありません。かぶせの内側に人工皮革を使用していることもあり、雨カバーいらずのランドセルなのです。
シンプルだからこそ、刺繍シールや反射シールを使ったアレンジも楽しいですよ。

子どもに負担をかけない 「池田屋」の工夫とは?

子どもが毎日背負うものだから、「池田屋」のランドセルは子どもの身体に負担がかからないよう、軽く感じられる独自の工夫が施されています。
例えば、肩に優しくなじむ牛革ベルトの採用や上下左右に動く背かんは、どのような子どもの体型にもジャストフィットする背負いやすさを叶えています。
他社メーカーの錠前は横穴が二つ付いたものが一般的ですが、「池田屋ロック」は縦穴一つ式の錠前なので、穴を選ぶ必要がなく簡単にロックを回せます。穴に合わせて金具をはめるのって、小学校低学年のお子さんだと意外と大変。オートロック式と異なり、利き手を選ぶこともないので、気になる方はぜひ店舗でお試しください。

池田屋の会社情報

本社住所 静岡県静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロス 103
店舗展開エリア 銀座・横浜市・清水・静岡市・浜松市・梅田・博多
各店舗の営業時間 銀座店/11:00~21:00
横浜みなとみらい店/10:00~19:00
清水店(創業店)/10:00~19:00
静岡店/10:00~19:00
浜松店/10:00~19:00
梅田店/10:00~19:00
博多店/10:00~19:00 ※期間限定店舗(2021年2月1日~2021年8月31日)
※全店舗土日祝日は来店予約が必要です
各店舗の定休日 銀座店/年中無休(休館日、1月1日は休業)
横浜みなとみらい店/年中無休(休館日、12月31日・1月1日は休業)
清水店(創業店)/水曜定休(12月31日・1月1日は休業)
静岡店/年中無休(12月31日・1月1日は休業)
浜松店/年中無休(12月31日・1月1日は休業)
梅田店/年中無休(12月31日・1月1日は休業)
博多店/年中無休 ※期間限定店舗(2021年2月1日~2021年8月31日)/定休日なし
展示会情報 2022年度展示会は全日程事前予約制にて開催中。開催スケジュール・開催地については公式サイトをご確認ください。

最新情報

  • 2021.03.01
    お知らせ
    【2022年度モデル】現在の販売状況について
  • 2021.02.22
    お知らせ
    【予約制】店舗、展示会の営業について
  • 2021.02.04
    お知らせ
    【2021年度モデル】ランドセルのお届けをお待ちのみなさまへ

SNS情報

故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに