子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセルメーカーの口コミをまとめました » 堀江鞄製造

公開日: |最終更新日時:

堀江鞄製造

ランドセルの製造から販売まで、一貫して手掛けている堀江鞄製造。創業当時は、旅行かばんやビジネスバッグがラインナップの中心で、大阪の船場で問屋を通じ、百貨店へと卸していたそうです。しかし、いつ頃からかランドセルは売っていないのかと、近隣住民が工房へ尋ねるようになり、知人のランドセルメーカーから仕入れた品を販売することに。そして現在はランドセル専門の工房へと変化し、生地の裁断から工房で手掛け、高クオリティのランドセルを生み出しています。

そんな歴史を持つ堀江鞄製造ですが、一つ一つ、丁寧に上質なランドセルを仕上げているのが特徴。大量生産にはない機能性と耐久性、デザインを実現しており、いつまでも飽きがこないランドセルを提供しています。堀江鞄製造のランドセルは、店舗で実際に手に取ったり、背負ったりすることができます。興味がある方は、一度お店に足を運んでみるのもよいでしょう。

堀江鞄製造ランドセルキャプチャ

引用元:「堀江鞄製造」公式HP
https://horiebag.com/item/

堀江鞄製造ランドセルキャプチャ

引用元:「堀江鞄製造」公式HP
https://horiebag.com/item/

堀江鞄製造ランドセルキャプチャ

引用元:「堀江鞄製造」公式HP
https://horiebag.com/item/

ランドセルシリーズと価格

コードバンインテリジェントアンティーク 86,000円
コードバンシャルマンアンティーク 86,000円
フルールシャルマン 58,000円
プティアンジェアンティーク 60,000円
プティアンジェアンティークドットライン 60,000円
プティアンジェハーフトップ 60,000円
プティコバン 47,000円
フルールエスポワール 48,000円
フルールエスポワール ハーフトップ 48,000円
プティコバン ハーフトップ 47,000円

「堀江鞄製造」のランドセルを購入した ママパパの口コミ

3年前、男の子に半かぶせのランドセルを買いました。置いたままで開け閉めしたくて半かぶせを探していてここのランドセルにたどり着きました。半かぶせのランドセルは見た目も特殊で特に男の子はなかなかいいのがなかったのですが、こちらのランドセルはシンプルで見た目も値段も使い勝手もよかったです。おかげで教科書が散らかる心配がなく、出し入れがしやすいです。今年はコロナの影響で買いに出ることが出来そうに無いので下の子は(女の子)ネットで買う予定です。早々にカタログを送って頂きましたが可愛いのが沢山ありました!選ぶのが楽しみです。ちなみに下の子も半かぶせです。

引用元:ランドセル教室(https://randoseru-kyousitsu.com/horie/)

息子はいつも走り回っているわんぱくな性格をしているので、間違いなく6年間使える丈夫なランドセルを探していました。ランドセルを持っても、投げる、蹴る、叩く姿が目に見えています。堀江鞄のランドセルは、補強材に樹脂ではなく鋼の芯材を使っているそうで、最初見つけたときに「探しているランドセルはコレだ!」と確信しました。6年間型崩れなく使えるのかはまだ未知数ですが、素人目線でもランドセルに触れても丈夫そうなのが分かります。

引用元:ランドセル教室(https://randoseru-kyousitsu.com/horie/)

「堀江鞄製造」のランドセルの特徴

豊富なバリエーションと手が届きやすい価格

堀江鞄製造のランドセルの魅力は、豊富なバリエーションと、手が届く価格帯にあります。工房で手作りしているランドセルと聞くと、価格が高そうなイメージがあるかもしれません。確かに手が届きにくいメーカーも少なくないですが、堀江鞄製造はお手頃価格で、シリーズ・カラーバリエーションとも豊富にあるのが魅力です。

価格帯は若干広いですが、最低ラインが4万円台後半、高くとも8万円台後半となっています。それぞれ数種類ずつカラーバリエーションがあり、子供が好みのデザインを選びやすいのが魅力。費用を抑えつつ、さまざまなランドセルの中から選ぶことができます。

細部までこだわり抜かれた機能とデザイン

機能性やデザインにこだわっている点も特徴といえるでしょう。

例えば、堀江鞄製造のランドセルは、背当て部分に柔らかい素材を採用。クッション性と通気性に優れており、長時間背負っても背中が痛くならず、蒸れにくいのが強みです。大きなマチを備えているほか、ナスカンや防犯フックなども各部に取り付けられています。

また、飽きのこないデザインと、内装やステッチなど、細部のデザインにこだわっているのもポイント。表向きはベーシックなデザインながらも、細かなところには堀江鞄製造のこだわりが詰まっています。さり気ないおしゃれをアピールできるのが特徴です。

6年間の修理保証がある

せっかく高いお金を出してランドセルを購入しても、子供が壊さないか心配…。そのような親御さんは少なくないでしょう。

堀江鞄製造では、全てのランドセルに6年間の修理保証が付帯しています。万が一ランドセルが壊れた場合、無償で修理を受けることが可能です。代替品のランドセルも送ってもらえるため、別途購入する必要はありません。

なお、故障の原因によっては有償となりますが、職人が丁寧に修理を行います。万が一の時は相談してみるとよいでしょう。

「堀江鞄製造」の工夫とは?

堀江鞄製造のランドセルは、全てA4フラットファイルに対応しています。大きなマチが備わっていますので、教科書やプリントが増えた時でも安心です。外側にはファスナー付きポケットもあり、小物を分けて収納することができます。

他にも、留め金の自動ロックや、スライド式の背カンなど、機能性に優れています。先述のとおり、デザインもこだわっていますので、おしゃれで機能性に富んだランドセルが欲しい方におすすめです。

「堀江鞄製造」の会社情報

本社住所 大阪市西成区玉出西2-14-15
店舗展開エリア 東京・大阪
各店舗の営業時間 東京ショールーム 10:00~17:00
※土曜は12:00~17:00、日曜は10:00~16:00
展示会情報 要問い合わせ
故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに