子供を守る丈夫さで比較 パパママ安心・6年間愛せるランドセル選びのススメ » ランドセルメーカーの口コミをまとめました » 羽倉のランドセル

公開日: |最終更新日時:

羽倉のランドセル

組み合わせ62,000通り以上のオーダーランドセルをはじめ、さまざまなラインナップを用意している羽倉のランドセル。このページでは、同社が提供するランドセルの特徴や口コミ、価格などを紹介しています。ショールームや展示会情報も掲載していますので、ぜひランドセル選びの参考にしてみてください。

羽倉のランドセル

引用元:羽倉のランドセル公式HP
(https://www.hakura-randsel.jp/product/sd/)

羽倉のランドセル

引用元:引用元:羽倉のランドセル公式HP
(https://www.hakura-randsel.jp/product/wb/)

羽倉のランドセル

引用元:引用元:羽倉のランドセル公式HP
(https://www.hakura-randsel.jp/product/to/)

ランドセルシリーズと価格

羽倉のオーダーランドセル 62,700円〜(税込)
耐性牛革スタンダード 62,700円(税込)
耐性牛革ウイングチップ 67,760円(税込)
はねかる 59,400円(税込)
はねかるアルテ 62,700円(税込)
エイジングコードバン 110,000円(税込)

羽倉のランドセルのランドセルを購入した ママパパの口コミ

牛革ランドセルを探していたのですが、気に入ったカラーが見当たりませんでした。しかし羽倉のランドセルはカラーバリュエーションが豊富で、母子ともに気に入る色味が見つかってよかったです。今で4年目ですが、小傷程度で全体的にキレイに使えています。

引用元:ランドセル教室(https://randoseru-kyousitsu.com/hakura/)

無駄な飾りのないシンプルなデザインなので、飽きが来ず6年間使ってくれそう。もっとキラキラしたものを欲しがるのかと思っていましたが、なかなかセンスいいじゃん!とわが娘ながら思います♪

引用元:ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/hakura/)

女の子らしい可愛らしいランドセルも候補に挙がったのですが、6年間使うことを考えコードバンモデルにしました。羽倉さんのコードバンは赤と言っても深みのあるダークレッドですごくシック。重さが1,455gと、他のメーカーよりも軽いのも女の子にはうれしいです。

引用元:ランドセルの通知表(https://www.randoseru-report.com/hakura/)

羽倉のランドセルのランドセルの特徴

丈夫さへの工夫

上下左右、どの向きから負荷がかかっても型崩れを防ぐためのT字の芯材を採用。さまざまなシーンを想定した耐久テストを行うことによって、6年間の安心を提供しています。また、全てのシリーズに撥水加工を施すことによって、雨の日にも対応できるように加工しています。

安全性への工夫

暗い道でも光って存在をアピールする反射材、防犯ブザーを素早く使うための肩ベルトDカン、大きな負荷がかかると外れる安全ナスカンなどで安全性を高めています。さらにネームプレートはかぶせの内側につけることで、外からはわからないような配慮が行われています。

色やデザインの工夫

羽倉のランドセルは、「色」に強いこだわりがあります。27カラーを用意していますが、これらは専任のデザイナーによる完全オリジナル色です。さらに、鋲なしフラップを採用しているのも特徴のひとつ。一般的なランドセルについている2つの鋲がないため、美しく洗練されたフォルムを実現しています。

子どもに負担をかけない 「羽倉のランドセル」の工夫とは?

体の丸みに沿ったS字肩ベルトや、3層構造の背当てなど、子どもの体にかかる負担をできるだけ減らす工夫が行われています。背当てや肩ベルトの裏の素材には、人工皮革「エアリーソフト」を使用することによって湿気がこもらない構造になっています。

羽倉のランドセルの会社情報

本社住所 兵庫県豊岡市泉町15-11
店舗展開エリア 大阪府吹田市、大阪府泉佐野市
兵庫県豊岡市、東京都千代田区
各店舗の営業時間 大阪・江坂ショールーム 10:00~18:00
大阪・泉佐野ショールーム 10:00~17:00
兵庫・豊岡工 10:00〜16:00
東京・豊岡鞄 KITTE丸の内店 11:00~20:00
展示会情報 2021年4月より全国7か所で展示会を開催。全て要予約。
故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに