-Ransel- 後悔しないためのランドセル比較・選び方 » 全国のランドセル展示会情報 » 神奈川の展示会

公開日: |最終更新日時:

神奈川の展示会

納得のいくランドセルを選ぶためには実際に手に取ってみることが必要不可欠です。このページでは神奈川エリアの「合同展示会」「メーカー独自展示会」の情報を紹介しています。一生の思い出になるランドセル選びにお役立てください。

神奈川エリアの「ランドセル合同展示会」情報

合同ランドセル展示会「横浜week」

全国で開催されている「合同ランドセル展示会」。神奈川エリアでは横浜に会場が設けられ、多くのランドセルメーカーが新作ランドセルを展示しています。2020年に開催された「横浜ウィーク」では350本ものランドセルが展示されました。

各メーカーごとに販売員が会場に来ているので、それぞれのランドセルについてじっくり話を聞いたり、気に入ったらその場で購入申し込みしたりすることが可能。

下見から購入まで一気に行える合同ランドセル展示会は、神奈川周辺でラン活するなら見逃せないイベントです。

2023年度入学用展示会情報

開催時期 4月2日(土)
4月3日(日)
開催場所 神奈川県横浜市中区山下町2産業貿易センタービル1F

「メーカー別」神奈川エリアの展示会

鞄工房山本


引用元:鞄工房山本公式サイト https://www.kabankobo.com/

老舗の工房系メーカーである「鞄工房山本」。丈夫さが強みで、子どもと6年間の小学校生活を共に過ごしてくれるランドセルです。ラインナップは全22シリーズ・86種類。カラーやデザインが豊富です。また、工房系ならではというべき「手仕事の美しさ」を備えているのも鞄工房山本の魅力だと言えます。

花やリボンのモチーフ、オリジナルの金具など、ワンポイントで個性を出せる細部へのオシャレなこだわりも「鞄工房山本」のポイント。子どもも愛着を持って6年間使い続けられそうですね。

2023年度入学用展示会情報

※2022年の「鞄工房山本のランドセル展示会」は、1月から6月にかけて全国で開催。

開催時期 1/15(土)
1/16(日)
2/5(土)
2/6(日)
開催場所 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
神奈川県川崎市幸区大宮町1番地5 カワサキデルタ JR川崎タワー オフィス棟 3階

萬勇鞄


引用元:萬勇鞄公式サイト https://www.manyu-randoselu.jp/

創業以来60年の歴史がある老舗工房系のランドセルメーカー「萬勇鞄」。熟練した職人が手縫いで縫い目をつけて、一つひとつ丁寧に仕上げていくランドセルが特徴です。補強材も入っており、「つぶれにくい」「型崩れしにくい」という評判を博しています。

子ども心をくすぐる刺繍やチャーム、モチーフもポイントで入っていて、「萬勇鞄」オリジナルの世界にひとつだけのネームプレートで子どもの名前を刻印することも可能。子どもが愛着を持てる工夫が随所に施されています。

2023年度入学用展示会情報

※2022年は、単独のランドセル展示会を、2月から5月にかけて開催。

開催時期 3/12(土)・13(日)
5/3(火)・4(水)・5(木)
開催場所 神奈川県横浜市西区北幸2-6-1ONEST横浜西口ビル 6F

池田屋


引用元:池田屋公式サイト https://www.pikachan.com/

「ぴかちゃんランドセル」が有名なランドセルメーカー「池田屋」。故意の破損にも対応する「6年間無料修理保証」(災害等でランドセル本体がない場合などを除く)が付いているので、もしもの故障があっても安心です。

池田屋の魅力はランドセルそのものの頑丈さにもあります。保証があるのは「丈夫なランドセルだから簡単には壊れない」というメーカーの自信の証です。人工皮革と牛革をどちらも使用するハイブリット構造で、肩ベルトは80kgで引っ張ってもちぎれない耐久力。ランドセル内部には樹脂版や変形防止版があり、80kgの押圧にも耐えることができます。

子どもを6年間支えてくれるランドセルを作っているメーカーです。

2023年度入学用展示会情報

※「池田屋ランドセル展示会」(2022年)は、4月から7月にかけて開催。

開催時期 4/29(金)
5/3(火)
6/18(土)
7/9(土)
開催場所 川崎市コンベンションホール 2F ホールB・C
神奈川県川崎市中原区小杉町2-276-1パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト
ココテラス湘南 3F Meeting Room “CoccoStation”1-3
神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-2
ミナカ小田原コンベンションホール 4F ホールB‐D
神奈川県小田原市栄町1-1-15
第2展示集会ホール
神奈川県藤沢市鵠沼東8-1

長く愛せるランドセル選びのコツは?

当サイト「Ransel」では、6年間ずっと使い続けることができるランドセルを選ぶにあたって役立つ情報をまとめています。子どもの安全や納得感を考えたランドセル選びをするために、ぜひ参考にしてみてください。

故意の破損も対象内
「6年保証」付き
ランドセル比較

故意・原因不明の破損であっても、無償修理・交換に対応しているランドセルメーカーを比較しました(2020年12月調査時点)。各社のこだわりはもちろん、軽さや価格についてもチェックしておきましょう。

「万が一」を想定した
親目線な安全設計
池田屋
池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=31&class_id=1390)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=28&class_id=1358)

池田屋ランドセル

引用元:池田屋公式HP(https://www.pikachan.com/products/products/detail.php?product_id=35&class_id=1423)

価格
49,500円~
軽さ
1,100~1,300g
こだわり
80kgの負荷をかけても
変形しない丈夫さ
革ブランドの
風格とこだわり
土屋鞄
土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/case-leather/products/nu06cab)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/premium_cordovan/products/um04bob)

土屋鞄ランドセル

引用元:土屋鞄公式HP(https://tsuchiya-randoseru.jp/collections/antique_cordovan/products/um03bkb)

価格
64,000円~
軽さ
1,160~1,490g
こだわり
防水・防湿ケアで変わる
革の色味と愛着
6年間の思い出になる
セレクトオーダー
生田
生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/pentas/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/koba-hana/)

生田ランドセル

引用元:
生田公式HP
(https://www.randsel.jp/
product/six-colors/lavender-fog/)

価格
52,500円~
軽さ
1,380~1,460g
こだわり
多彩な組み合わせで
人と被らないデザインに