「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » 失敗しないランドセルの選び方 » 値段で比較する » ランドセルの価格相場と価格ごとの特徴をご紹介

ランドセルの価格相場と価格ごとの特徴をご紹介

ランドセルの購入価格は年々上がっている

ランドセルの購入価格の相場は年々上昇傾向にあります。これは、昔と比べてランドセルの選択の幅が広がったことや、「せっかくだから子どもには良いものを持たせたい」と考える人が増えてきたからと見られています。また、共働き世帯が増えたことにより世帯年収が上がったことも要因のひとつと言えるでしょう。

平均価格は3~5万円で、この価格帯が最も売れている

現在販売されているランドセルの平均価格は3〜5万円で、大手メーカーの商品がちょうどこの価格帯となっています。そのため、3〜5万円のランドセルが全体の売り上げの約7割を占めており、最も売れているラインのランドセルとなります。Sのため、ランドセルの予算を考えるときにはひとまず「4万円前後」と考えている人が多いようです。

ですから、欲しいブランドや製品がある人を除いて、どのランドセルにしようか迷っている人は、まず各メーカーの4万円前後のランドセルを見てみると良いでしょう。各メーカーも最も売れ筋ということでさまざまなカラーやデザインの商品を用意しています。ですから、この中から色やデザインを絞り込んでいくと、性能や保証についても満足できるランドセルを購入できる可能性が高いです。

価格帯別のメーカー一覧をご紹介

現在販売されているランドセルの価格は、1万円を切るものから10万円を超えるものまでさまざま。そこで、各メーカーにおけるランドセルの価格をまとめました。

価格が変わると何が変わるのか

上記でご紹介しているように、ランドセルの価格は非常に幅広くなっています。しかし価格の差があったとしても、実はランドセルの性能そのものはあまり変わりません。違いが出てくる理由としては下記のようなものが挙げられます。

ランドセルに使用する素材の違い

最もランドセルの価格に影響してくるのが、「ランドセルに使用している素材」。価格を抑えられる人工皮革から牛革やコードバンといった高級な素材まで、ランドセルにはさまざまな素材が使われています。特にコードバンは馬のお尻からとった貴重な素材なので、コードバンを使ったランドセルは高級な価格帯になります。このように、ランドセルに使っている素材の希少性などがランドセルそのものの価格に関わってきます。

背負いやすい機能や収納面の充実度

ランドセルの性能そのものは価格の差があったとしてもそこまで変わりませんが、背負いやすさや収納面での工夫がされているなど、細かいところで価格の差が出てきます。6年もの長い間使うものなので、体に負担をかけないためにもなるべく使いやすいと感じられるランドセルを選びたいものです。

また、高価な価格帯のランドセルは凝った詩集やステッチが施されていることが多いです(工房系のランドセルは別。シンプルなデザインのものが多くなっています)。

百貨店限定販売や限定モデル、有名ブランドとのコラボモデル

メーカーによっては、有名ブランドとコラボしたランドセルを販売していたり、装飾に凝っている限定モデルを販売していることがありますが、その場合は一般的に価格が高くなる傾向があります。

価格によってどんな差があるか

それでは、ランドセルの価格によって具体的にどんな差が出てくるのかを見ていくことにしましょう。

1万円台のランドセルの特徴

1万円台、またはそれ以下の価格のランドセルで使用している素材は、ランドセルの中では価格が抑えられている人工皮革の中でも最も安い素材を採用し、さらに機械で大量生産することで価格を下げています。確かに価格面ではメリットがあると言えますが、耐久性を考えるとかなり落ちてしまうと考えられます。

また、1万円台のランドセルは国外で製造されているものが多く、基本的に6年保証が付いていないため、故障してしまった場合には修理を受けられない場合があります。このことからも、購入の際にはよく注意する必要があるでしょう。

2万円台のランドセルの特徴

2万円台のランドセルは、流通経路を工夫して価格を下げているものが多く、例えば工場から直接仕入れたり、店舗での販売はせずにネット販売に限定するなどしてコストを抑えているケースが多いです。このような形で価格を抑えている場合には、価格の割には品質はそれほど悪いわけではないのですが、選べる色が限定されるなどのデメリットがあります。また、ケースによっては、有名メーカーの型落ち製品のために2万円台という価格になっている場合があります。

この価格帯のランドセルは、型落ち製品などであれば非常におトクな買い物と言えるでしょう。ただし、購入する際には6年保証がきちんとついているか確認することが必要になってきます。

3〜5万円台のランドセルの特徴

3〜5万円は平均的な価格帯のランドセルと言えます。テレビのCMなどでよく見かけるランドセルはこの価格帯のランドセルとなってきます。3〜5万円台のランドセルの特徴としては、装飾はシンプル。さらに使用している素材は大量生産ができるクラリーノなどの人工皮革が使用されています。この価格帯からであれば、耐久性も十分ですし、保証もしっかりついているため、安心して購入することができるでしょう。

また、この価格帯以上のランドセルであれば、下記のような性能についてはあまり差がないと考えて良いでしょう。

そのため、「ある程度の機能さえ揃っているランドセルなのであれば問題ない」と考える人であれば、色やデザインも豊富に用意されている3〜5万円のランドセルを検討するのがおすすめです。

6〜7万円台のランドセルの特徴

一般的なランドセルメーカーの高価格帯のランドセルは、およそ6〜7万円台となることが多いです。例えば素材が牛革やコードバンなどの高級な素材を使用していたり、装飾やデザインが豪華で凝っているものになります。また、メーカーによっては、ほかのブランドとのコラボ商品という場合もあります。人気がありますし販売数が限られているため、最初に売り切れてしまうのもこの価格帯のランドセルとなっています。

8万円前後のランドセルの特徴

8万円台以上のランドセルは、その多くが「工房系」と呼ばれるもの。鞄専門のメーカーで販売されるランドセルとなっており、手縫いにこだわっているものが多いため、作りが非常に丁寧で壊れにくい作りになっています。さらに牛革やコードバン、ヌメ革といった希少な天然皮革が使用されています。

また、この価格帯のランドセルの特徴としては、装飾が非常にシンプルなものとなっている点。6年間使っていても飽きない内容なデザインとなっていることが多いです。

低価格帯のランドセル購入の際は、実物を見ることをおすすめ

ランドセルの平均購入金額や、価格帯による違いについて説明してきました。

ここまで説明してきた通り、インターネットで販売している1万円台のランドセルは、購入する際には非常に注意をする必要があるでしょう。価格重視で選ぶのであれば、例えばニトリやイオン、ヨーカドー、西友といった大手量販店のランドセルであれば、価格のバランスも良いためおすすめ。ただし、いずれもこのサイト内ではご紹介していませんので、公式ホームページをよく見たり、実際の店舗に足を運んで製品を確認してから購入するようにしましょう。

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る