「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » 失敗しないランドセルの選び方 » 素材で比較する » 牛革

牛革

天然皮革の中でも、メジャーな牛革。素材の特性や、クラリーノ・コードバンとの違いを調査しました。

お子さんが持つランドセルの素材として適しているのか、お父さんお母さんの目で確認してみてください。

ランドセルの素材「牛革」とは?

牛革は本革の一種で、一般的に生後3~6ヶ月の間に去勢した雄牛の革が主に使用されています。キメが細かく厚みがあり、高級感ただよう天然皮革です。

耐久性にも優れていて、昔は牛革素材のランドセルが主流でした。時の流れとともに味わい深くなっていく素材です。

ランドセルの素材「牛革」の特性

ひび割れやしわに強く、耐久性に優れる

今まではひび割れやめくれなどに弱い部分もありましたが、最近のランドセルで使用する牛革は強度が高くなってきています。

水に弱いというデメリットも、防水加工がほどこされているので、ほとんど心配はいらないでしょう。

使えば使うほど味が出る

牛革は独特の風合いがあり、ランドセルを使えば使うほど、皮に味わいが出てきます。

はじめは同じような色味だったランドセルも、使い方によって経年変化に違いが出て、「自分だけのランドセル」を楽しむことができます。

高級感のある質感を楽しめる

牛革は、触り心地や見た目に高級感が。基本的にお手入れが必要ですが、丁寧に扱うほどツヤ感が出て味わい深くなっていきます。

牛革のお手入れを通して、お子さんに革の良さを知ってほしい、物を丁寧に扱うことの大切さを教えたい親御さんにはぴったりの素材です。

ランドセルの素材「牛革」と「クラリーノ」を比較

牛革はクラリーノに比べて高級感があるので、「ほかの子に差をつけたい」「幼いうちから高級志向を高めたい」という親御さん向きです。

比較的リーズナブルで豊富なカラーバリエーションの中から選ぶ場合はクラリーノ、シンプルなデザインで革特有の風合いを楽しませたいなら牛革がおすすめです。

ランドセルの素材「牛革」と「コードバン」を比較

希少な素材なので、高額なランドセルが多いコードバン。牛革ランドセルが5万円~なのに対し、コードバンは8万円以上のものばかり。

革の良さをお子さんに伝えたくても、高額なものはなかなか手が出せないという人には、コード版より牛革がおすすめです。

ランドセルを家族で比較!
ランド一家のラン活家族会議を見る

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る