「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » 失敗しないランドセルの選び方 » 素材で比較する » コードバン

コードバン

ランドセルに使用される素材の中でも、希少価値の高いコードバン。ここではコードバンについて特性や他素材との違いや、メリット・デメリットを解説しています。

ランドセルの素材「コードバン」とは?

コードバンは、馬1頭からランドセルのかぶせ2枚分しか取れない希少な素材。なめらかで張りのある肌触りなので、高級感があり上品です。

ランドセルに使用される皮革の中でも最高級で、「キングオブレザー」「革のダイヤモンド」と言われています。

革が硬く耐久性に優れており、型崩れしにくく傷に強いというメリットがあるため、活発なお子さんにもおすすめです。

ランドセルの素材「コードバン」の特性

皮革の中でもトップクラスの耐久性

牛革の2~3倍と言われるほど、強度が高いコードバン。繊維が緻密で、傷やシミ・汚れなどに強い特性を持ち、多少手荒に扱ったとしても問題はありません。

小学校6年間安心して使用できるので、外で遊ぶのが好きな、アクティブなお子さん向けの素材と言えます。

加工技術の進化により軽量化

コードバンや牛革などの天然皮革は、クラリーノのような人工皮革よりも重いと言われていました。しかし加工技術が進歩したことで、200g程度の差になるまで軽量化することに成功。

ランドセルの種類によっては200~400gほどの差がありますが、それほど重量を感じることはなくなりました。

希少なので人気モデルはすぐに売り切れ

馬1頭からかぶせが2枚しか取れないので、あまり多くのランドセルを作れません。価格も高く8万円以上するものがほとんどですが、人気があるデザインは7~9月の間に売り切れることも。

コードバンのランドセルに興味がある親御さんや子どもに持たせたいと親御さんは、早めのラン活がおすすめです。

ランドセルの素材「コードバン」と「クラリーノ」の比較

安いものは3万円台からあるクラリーノランドセル。8万円以上のコードバンのランドセルとでは、やはり価格に大きな差が出てきます。安すぎるのはすぐ壊れそうで心配な親御さんは、コードバンを検討してみてください。

重量は種類によって異なりますが、クラリーノを使用したランドセルは軽量で、1,000g以下の商品もあるほど。お子さんの体への負担を少しでも軽減したいなら、クラリーノが適しているかもしれません。

ランドセルの素材「コードバン」と「牛革」の比較

どちらも天然皮革で、使えば使うほど味わいが増していく素材です。高級感があり上品なランドセルを持たせたいなら、コードバンを選ぶのをおすすめします。

あまり高級なものでなくても、幼いうちから革の良さを知ってもらいたい場合は、牛革を選んでみてはいかがでしょうか。

ランドセルを家族で比較!
ランド一家のラン活家族会議を見る

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る