「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » ランドセルの基礎情報 » ランドセルはどこに収納する?

ランドセルはどこに収納する?

ランドセルが片付けられない・・・

子供が学校から帰宅すると、ポイッとランドセルを放置する。そんな日常が続けば部屋は片付かないし、物を紛失することも多いでしょう。一刻も早く、そんな状況から打破したいはず。

解決策としてきちんとランドセルの置き場所を決めることが大切です。物の居場所を決めることで、片付ける習慣がつきやすくなると言われています。ランドセルを片付けられれば、きっと他の物も片付けられるようになるはず。子供がすすんで片付けたくなるような、ランドセルの置き場所を確保してくださいね。

ランドセルの収納を考えるポイント

ランドセルの収納を考える際、重要なポイントは子供ができるかどうかです。子供が片付けることができなければ、せっかく居場所を決めても意味がありません。

子供の性格

子供には、それぞれ性格が違います。几帳面な子もいれば、大雑把な子もいます。几帳面な子であれば、ランドセルから荷物を出し、ホックに引っかけるなどの収納でも問題なく行えるでしょう。しかし大雑把な子であれば、手間がかかる収納方法は向いていません。おくだけなどの簡単な収納 の方が良いでしょう。

子供の動線

子供は学校から帰宅したあと、どのような行動をとっていますか?子供部屋に一旦行く子もいれば、リビングで過ごす子もいるでしょう。子供部屋に行くような動線があれば、子供部屋にランドセル収納を作っても支障はありません。しかしリビングで過ごす場合、わざわざ子供部屋にランドセルを収納しに行くとは考えにくいです。そのためリビングに収納を設ける方が良いと言えます。

子供の荷物の量

学校の荷物は、徐々に増えていきます。そのためランドセル分しかスペースがなければ、後々物が置けずに散らかる恐れも。ランドセル以外にも使用する道具などを考慮し、スペースを確保するようにしましょう。そうすることで、明日の授業準備なども子供自身で行いやすくなりますよ。

見た目も大切

子供のためだけを考えた収納で、その収納がインテリアに一致していないと親にとってはストレスになってしまいます。見た目など親目線の収納方法も考えましょう。リビング収納であれば、来客があったときも見せられるような収納がベストでしょう。

まずは子供としっかり話し合ってから、ランドセルの居場所や収納方法を検討するようにしてくださいね。

ランドセル収納:かける

ランドセルをフックなどにかける収納方法です。勉強机や椅子などにフックを付けて収納しているケースが多いと言われています。他にもベッドなどにかけているケースもあります。

かける収納で失敗した事例

これらの状況が続くと、結局ランドセルはフックにかけず直接床に置いてしまうようになります。

かける収納のコツ

子供の体型にあった高さにフックを設けましょう。高すぎてしまうと、フックにかける作業が辛くなります。またできれば椅子以外にフックを設ける方が良いでしょう。できる限り学習机やベッド、棚などに網を装着し、S字フックを付けてください。網に付けることで、子供の成長に合わせて高さも変更しやすいメリットがあります。

ランドセル収納:置く

つぎにランドセルをおく収納方法です。棚の上などにそのままおくため、比較的シンプルな収納と言えるでしょう。

置く収納で失敗した事例

置く収納のコツ

しっかりランドセルのスペースを確保していないと、他の荷物と乱雑になってしまう恐れがあります。そうなれば、せっかくの収納も意味がありません。できる限りランドセル専用の収納スペースを確保するようにしましょう。どうしても難しい場合には、仕切り板を設けるようにしてください。またリビングに収納先を設ける場合には、他のインテリアと同調できるようなランドセルをおく棚を設置し、統一感を出すと良いですよ。統一感を出すことによって、来客時でも散らかった印象を与えにくくなります。

ランドセル収納:入れる

最後は、ボックスなどにランドセルを入れる方法です。ボックスに入れるだけのため、比較的簡単に行うことができます。

入れる収納で失敗した事例

入れる収納のコツ

入れる収納は、ボックスをしっかり選ぶことが大切です。潰れやすいボックスであれば、つい散らかってしまいます。できれ、しっかりとしたボックスの方が良いでしょう。しっかりとしたボックスなら、ホコリを拭き取り、清潔も保たれやすくなりますよ。また子供が気に入ったデザインのボックスであれば、大事に使ってくれるのではないでしょうか。

収納方法は、子供と話し合いながら決めましょう

ランドセルを使用する子供は、数年間で大きく成長します。そのため小学1年生のときに決めた収納では、6年生の頃には使いにくい可能性があります。そのためランドセルの収納場所は、子供の成長に合わせて変更することが大切です。

またランドセル収納を子供にすすんでさせるためには、子供自身が納得した収納方法でなければいけません。そのため、子供と話し合いながら収納方法を検討するようにしてください。

ただランドセルの収納は、教科書や学校の道具なども近くにおける場所が最適です。教科書などが近くにおけないと、不便になりランドセルが散らかりやすくなりますよ。翌日の準備などがしやすい環境も考慮するようにしましょう。

最適な収納を見つけてください

片付ける習慣が身につくと、あらゆる物を収納できるようになってきます。整理整頓ができる子供に育てるためには、子供にとっておきやすい収納を作ることが大切です。子供が収納しにくい場所であれば、決して整理整頓は身につきません。

色々な収納方法や収納場所を試しながら、それぞれの家庭にあった収納を見つけましょう。一度失敗しても、別の方法なら上手くいくかもしれません。諦めずに色々な収納を試して、ベストな方法でランドセルを片付けてください。部屋も心もスッキリするはずですよ。

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る