「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » ランドセルの基礎情報 » ランドセルのリメイク方法

ランドセルのリメイク方法

使い終わったランドセルはリメイクしよう

6年間ずっと使い続けたランドセルは、思い出もたくさん詰まっていますよね。そんなランドセルの処分に困っていませんか?そこで、「ランドセルのリメイク」をしてみてはいかがでしょうか。

ランドセルはどんなものにリメイクできる?

ランドセルのリメイク、と聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんが、さまざまなものにリメイクすることができます。

思い出のランドセルといつも一緒にいる、ということであれば「キーホルダー」へのリメイクもおすすめですが、電車やバス通学をするなら「定期入れ」も作れますし、しっかりとした作りの「財布」や「小銭入れ」へのリメイクも可能。また「ブックカバー」や「名刺入れ」、「キーケース」、さらには「トートバッグ」を作ることもできるので、将来的に長く使い続けられるものにリメイクするのも素敵です。

ランドセル型のアルバムにしてくれる工房も

ちょっと珍しいところでは、ランドセルの形を残しながら、蓋を開けると中には写真を入れられるアルバムにしてくれる工房も。

思い出のランドセルに、さらに小学校の思い出を収めることができます。ランドセルのリメイク方法は本当にさまざまなものがありますね。

ランドセルはどこでリメイクできる?

ランドセルに使われている素材は非常に厚く、扱いにくい素材です。そのため、自分でリメイクできないとは言い切れませんが、よほど革製品などの扱いに慣れていないと難しいと考えたほうが良いでしょう。一般的には専門の工房などに依頼してリメイクしてもらうことになります。

また、ランドセルメーカーでもリメイクを行っている場合もありますので、問い合わせをしてみると良いでしょう。

工房にリメイクを依頼するメリット

料金はそれなりにかかってしまうものの、6年間ランドセルとともに過ごした思い出を大切にしながら新たな命を吹き込んでくれます。例えば名前や刻印が入ったところを切り取ってリメイクに使用するなど、柔軟な対応を行ってくれるところがほとんど。また、一つのランドセルから複数のアイテムを作り出すことも可能です。

インターネットなどで専門のリメイク工房を探せます。大切なランドセルを預けるのですから、ここなら信頼してお任せできる、と思えるところに依頼しましょう。

リメイクに必要な費用の目安は?

およそ1,500円〜40,000円程度がリメイク費用の相場になります。

どこの工房にお願いするかということや、どんなアイテムにリメイクするかによって異なりますので、ホームページなどで確認をしてみてくださいね。

ランドセルをリメイクする場合に注意したいこと

ランドセルの状態によってはリメイクが難しい場合もあります。

例えば、「汚れが酷い」「ひび割れが起こっている」といった場合にはリメイクが難しいと考えておきましょう。また、落書きがひどい場合やシールがたくさん貼られている場合も同様です。

リメイクできる?チェックの方法

どれくらいの汚れやひび割れが起こっているとリメイクできないのかは気になるところ。そんな時のためにセルフチェックの方法をご案内します。

ランドセルのカブセ部分の、傷や汚れのない部分を1か所、1分間折り曲げてみてください。その際にヒビが入ってしまう場合はリメイクNGと判断されてしまう場合が多いです。この状態の素材をリメイクしても、すぐに素材がダメになってしまい使用できなくなってしまうからです。

逆に、ボロボロに見えたとしてもひび割れがなければリメイクできる可能性もありますので、はじめからダメだと諦めずにぜひチェックしてみてくださいね。

使い終わったランドセルに、新しい命を

本当にさまざまなランドセルのリメイク方法がありますので、ぜひ6年間の思い出を残す意味でもリメイクを検討してみましょう。

また、使い終わったランドセルの活用方法として、ランドセルメーカー「クラレ」では、使い終わったランドセルをアフガニスタンの子どもたちに寄付する活動を2004年から行っています。ランドセルに第2の命を吹きこむという意味では、寄付をすることを考えてみてもいいのかもしれません。

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る