「ラン活」家族会議!ランドセルを家族で比較しました。
【保存版】大手ランドセルメーカーを徹底比較|ランド一家のラン活会議 » ランドセルの基礎情報 » ランドセルの歴史

ランドセルの歴史

ランドセルの「起源」と「語源」

今では小学生が当たり前に背負うようになったランドセルですが、実はその歴史は江戸時代までさかのぼるとご存知でしょうか。

ランドセルの始まりは、幕末にオランダから輸入され軍隊で使われていた「布製の背のう」であるとされています。幕府が洋式の軍隊制度を導入する上で、それぞれの持ち物を収納するのに使っていました。イメージとしては、現在のリュックサックを思い浮かべると良いでしょう。

この背のうが形を変え、現在使われている箱型の「ランドセル」になったのは明治時代のことです。

ちなみに、ランドセルの元となった「背のう」は、オランダ語で「ランセル」と呼ばれます。これが現在の「ランドセル」の語源と言われています。

ランドセル発祥の学校は学習院

1877年(明治10年)に開校した学習院がランドセル発祥の学校とされています。

学習院では、開校当時から服装が決められてたものの、荷物の持ち運びについては定まっていませんでした。中には馬車で通ったり、使用人が荷物を持ち、通っていた生徒もいたと言います。

しかし、学習院では「学校では皆平等である」という理念から、学校で使用する学用品は自分の手で持ってくるべきと考え、1885年(明治18年)には、馬車や人力車での通学や使用人へ荷物を預けることを禁止しました。

その際に採用されたのが、荷物の持ち運びに便利だった軍隊用の背のうです。しかし、当時はまだ箱型のランドセルはできていませんでした。

1887年(明治20年)、ランドセルの原型が誕生

1887年に当時の内閣総理大臣であった伊藤博文が、皇太子(後の大正天皇)の学習院初等科入学のお祝いに特注の通学カバンを献上しました。この時の形が、現在のランドセルと同じ箱型。これが現在の箱型ランドセルの始まりとなったとされています。

1897年(明治30年)には「学習院型ランドセル」が登場

1897年には、ランドセルの原型が改良され、「学習院型ランドセル」が誕生します。素材は黒革、さらに細かい形状や寸法が決定されましたが、この時決定された大まかな形は、今もなお学習院で使用されているランドセルとほぼ同じものとなっています。なんと100年以上も基本的な部分は変更されていないというから驚きですね。

ランドセル業界の動き

オランダからその原型が輸入され、学習院にて誕生したランドセルは、1930年ごろには都市部を中心に広がりを見せ、1950年代には全国へ広がっていきます。その後、ランドセル業界ではどのような動きがあったのかを見ていきましょう。

1960年代:ランドセル廃止の動き

全国的に広がりを見せたランドセルですが、1960年代には廃止の動きが見られました。ランドセル廃止の理由としては、通学時の安全を守ることや、家庭に教育を持ち込まないという「学校と家庭の関係を改める」ためであったと言われています。

加えて、当時ランドセルは年々価格が上昇し、豚革で製造されたランドセルを持っている子どもがいじめを受けるなど、「格差」を招くとされたことや、加熱する受験戦争の象徴としても見なされていたということなど、さまざまな背景がランドセル廃止へのきっかけとなったようです。

ランドセル通学を廃止する学校も

このような時代背景の中、1963年には青山学院初等部が1年生と2年生のランドセル通学禁止に踏み切りました。その後には各地の公立小学校でも廃止の動きが見られる中、1966年には、兵庫県西宮市の教育委員会が公立小学校においてランドセルでの通学を廃止する方向を決定しています。

ランドセルの代わりとなるカバンの誕生

ランドセル廃止の動きが広がる中で、当時はランドセルの代わりとなるカバンも生まれました。例えばランドセルとリュックサックを掛け合わせた「ランリック」。ナイロン製で軽く、ランドセルよりも安価だったことが特徴です。

ランリックは現在も製造・販売されており、後述するランドセルの大型化など時代の流れに応じて改良が続けられています。

1970年代:ランドセルの大型化

一度廃止の動きを見せたランドセルですが、その動きはいずれ沈静化し、再び多くの学校で使用されるようになります。その中で大きな動きであったと言えるのが、ランドセルの急速な「大型化」。教材が大きくなるにつれて、必要に応じてランドセルも大きくなっていきました。

2000年代:カラーバリエーションが豊富に

さらに、以前はランドセルの色は「黒」と「赤」の2色だったものが、2000年代に入り変化を見せはじめます。

きっかけは、イオンの「24色ランドセル」

さまざまなカラーバリエーションが生まれたきっかけは、2001年にイオンが発売した「24色ランドセル」。このランドセルを機に、ランドセルに対する色の固定観念が崩れ始め、現在のようにカラフルなランドセルがどんどん登場するようになりました。

ランドセルを購入する際にも、「子どもが好きな色を選ばせる」という保護者も多く、ランドセル売り場には本当にさまざまなカラーのランドセルが並んでいます。

デザインも多様化

さまざまなカラーバリエーションとともに、現在のランドセルはデザインも多種多様。例えば刺繍が入っていたり、内側の布の柄を選べるようになっていたり、それぞれが異なるデザインのランドセルを持っている時代になってきました。

2010年代:A4サイズへの対応

2010年からは、A4クリアファイルが入るランドセルが登場しはじめます。これは、2011年に新学習指導要領が導入され、A4サイズのプリントや副教材が使用され始めたことがきっかけです。

そのためA4サイズのプリントを折り曲げずに運ぶために「A4クリアファイル」や「A4フラットファイル」を使用するようになり、これらのサイズを折ることなく収められるランドセルが必要になりました。ちなみに、この2つのファイルの違いは下記の通りとなります。

A4クリアファイル

薄いファイルにプリントを挟んで保存するタイプのもので、サイズは「縦31cm×横22cm」。

A4フラットファイル

保存する資料に穴を開けて、本のように収納するファイル。サイズは、横型なら「縦31.3cm×横22.6cm」、縦型なら「縦30.7cm×23.1cm」のため、A4クリアファイルよりも人も大きくなっています。

大きさに微妙な差があるため、購入するランドセルがどちらのサイズに対応しているのかはきちんと確認しておく必要があると言えますね。

時代の流れを反映して進化してきたランドセル

ランドセルの発祥から、これまでの変化について説明してきました。ランドセルの歴史を見てみると、その時代の流れを反映しているといっても良いでしょう。

各メーカーでは、現在でもランドセルの改良に日々力を注いでいますので、これから先もあっと驚くようなランドセルの変化が生まれてくることがあるかもしれませんね。

ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る
ランドセルを家族で比較!ランド一家の「ラン活」家族会議を見る